虫よけにも使える!超簡単な手作り「かゆみ止め」レシピ

 cba / PIXTA

cba / PIXTA

蚊が活発になる時期がやってきましたね。

耳元の「ぷーん……」という音とやってくるあのかゆは、本当に不快なものです……。

皆さんは、どんな蚊の対策をしていますか?

前もって蚊取り線香を炊いたり、はたまた市販のかゆみ止めを塗ったりしますが、刺激のある化学合成物質が入っていたりするので、安全性が気になるところです。

そこで、今回は、筆者もよく使用する、手作りの「かゆみ止め」と、作り方をご紹介したいと思います。

とっても簡単に作れるので、ぜひ作ってみてください!

虫よけとしても使えるので、これからの時期、家の中でも、外出時にも必要アイテムですよ。

 

■材料

今回は、僕の畑にあるものと、庭に生えているもので、3種類の植物を使ってみました。

どれも簡単に手に入る植物なので、制作の際は、お好みのものを使用してみてくださいね。

_MRS0116 (640x425)

今回使用する植物は、どくだみ、ミント、ヨモギの3種類です。

どれも、虫よけ・かゆみ止めとして効果がある植物です。

それぞれ、10g用意してください。

他には、焼酎100mlと空瓶を準備します。

 

 

■作り方

植物の根っこの部分は使いません。

それぞれ、葉っぱを切り分けよく洗い水気を拭き取り、水気が無くなったら細かく刻みます。

あとは刻んだ葉っぱを焼酎に漬け込むだけ!

1~3週間放っておけば、使用できるくらいしっかりエキスが出ます。

できたはガーゼに染みこませて使用したり、スプレーなどに入れて使用したりしてください。

_MRS0233 (640x425)

 

僕もよく野外での仕事がこれから増えるため、このかゆみ止めは必需品です。

体にも害がなく、しかも香りも爽やか!

1度作ってしまえば1年は持つので、ぜひ自宅で作ってみてください!