ハーブの香りでリフレッシュ!「スワッグ作り」にチャレンジしてみない?【Editor’s セレクション】

 

暮らしを豊かにするために欠かせないのが、インテリアや愛すべき雑貨たち。

このシリーズでは「Editor’s セレクション」と称して、曜日毎に違ったテーマで、編集部がグッと来たアイテムやブランドなどをご紹介していきます。

金曜日は【イベント編】!

今週は、インテリアが一気に華やぐ「スワッグ作り」のワークショップを紹介します。

 

■スワッグってなに?

img_105286_1

「スワッグ」とは、もともと魔除けが由来ですが、ドイツ語で“壁飾り”を意味する、壁掛けタイプの花束のこと。

日本でも、クリスマスシーズンによく見かけるようになってきましたよね。

このスワッグは、クリスマスの時だけ飾るものではなく、花を変えれば年中飾れるインテリアで、お部屋が一気に華やかになる優れもの。

このスワッグを手作りできるワークショップが開催されるそうですよ!

 

■ハーブを使ったスワッグ作り

オーガニックへの興味を深めるイベントを毎月開催している、「ビオ・ママクラブ」(「ビオ・マルシェの宅配」主催)。

今月のテーマは「ハーブのスワッグ作り」だそう。

img_105286_2

ハーブは、農薬も肥料も使わずに栽培している高知県高知市のまるふく農園のものを使用。

花とお菓子のお店『cotito』(東京都杉並区)のオーナー・前山真吾さんが教えてくれるそう。

img_105286_3

ワークショップ後には、ビオ・マルシェの有機野菜とハーブを使ったオーガニックプレート(軽食)も。

オーガニックライフのひとつとして、ハーブを日常に取り入れるきっかけになるかもしれませんね。

 

ぜひ、この機会にスワッグ作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

【ハーブのスワッグつくり】

■日程 2016年6月28日(火) 1、10:00~12:00 2、13:00~15:00
■場所 Salon de nanadecor(〒150-0001東京都渋谷区神宮前4-22-11)
東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」下車 徒歩10分
■料金 宅配会員様&お友達:3,500円 一般:4,000円(初参加:3,500円)
■定員 各回6名(お子様連れ可) 計12名
■講師 前山真吾さん(花と菓子のお店「cotito」オーナー)
■内容 前山真吾さんによるハーブのスワッグつくりワークショップ
ビオ・マルシェの有機野菜とハーブを使ったオーガニックプレート(軽食)のご提供
■申込方法 メール info.ebio@biomarche.jp
(お名前、連絡先、参加人数、時間帯をご記入ください)

【参考】

有機野菜の「ビオ・マルシェの宅配」、 ビオ・ママクラブvol.27『ハーブのスワッグつくり』ワークショップを開催 – 株式会社ビオ・マーケット