マスキングテープ収納の秘密兵器!無印良品の「PPケース」でスッキリ収納に

IMG_7676

最近は100円ショップでもかわいいマスキングテープをたくさん見かけるようになりましたね。

1つが安いということもあり、気に入ったものを見つけるたびに思わず買ってしまうという方も多いのでは?

でも、気づけば大量に……!

あふれたマステの収納に困った、なんてこともあるかと思います。

そんな方にオススメの、無印良品のアイテムを使った収納方法をご紹介します!

 

■無印のPPケースがぴったり!

IMG_7682

我が家では無印良品の「ポリプロピレンケース」(通称:PPケース)を使って収納しています。

PPケースはサイズ展開が豊富ですが、中でも「浅型」がぴったりなんです!

高さも引っかかることなくちょうどいいですし、大量のマステもきれいに整列させて入れることができます。

写真のようにマステを立てて入れておくと、どこにどんな柄のものがあるのかすぐに分かってサッと取り出せます。

似たようなデザインを買うのも防ぐことができますよ。

 

■仕切ることがポイント!

実はPPケース自体は、仕切りがないのでそのままではちょっと使いにくいんです。

そこで、同じ無印の「デスク内整理トレー」を入れてみました。

細かく仕切ることでマステをしっかり固定し、自立させることができるので、おススメです。

デスク内整理トレーは「タイプ4」が2つ、「タイプ2」が1つ入ります。

ただし、もともと仕切板は1つしかついてないので、別売りの仕切板(100円/3本入り)を追加してさらに細かく仕切るのがオススメですよ。

 

■どんなサイズもお任せ!

IMG_7680

トレーを入れたら、あとは手持ちのマスキングテープを収納していくだけ。

様々な太さのマステがありますが、どれもきれいに収めることができました。

整列しているとなんだか選ぶのも使うのもワクワクしますよね!

ちなみに、以前ご紹介した無印のテープカッターも立てたまま入れられるので、使う際もスムーズです。

 

■重ねることもできる

IMG_5066

もし1段で足りない場合は、追加して重ねるのもOK。

PPケースは半透明なので、中のごちゃごちゃしたカラフルさを隠すことができます。

インテリアを邪魔しないのも嬉しいポイントですよね!

このように、しっかり収納場所と量を決めることで、管理もラクですしムダ買いも防げていいことづくめ!

溢れかえったマスキングテープに困ってる方はぜひお試しくださいね。