夏の日差し対策にも有効!家具や床材のキズを見えなくするオススメお助けツール

暑い夏がやってきました。

日差しも強くなるこの時期に、家の窓際に新聞などを置いておくと、強い紫外線を浴びて退色し、黄色くなる時があります。

これは家具やフローリングでも同じことが言えます。

家具も、日差しに当たる場所に置いておくと家具の色が剥げたり、劣化していってしまうのです。

そこで今回は、簡単に使える補修材を用いて、簡単に元に戻す方法を紹介します!

ダイニングキッチン

 

 

■オススメのキズ補修材はコレ!

筆者が補修材としてオススメしたいのが、『建築の友』が出している「かくれん棒+住まいのマニキュア」という木製品のキズ補修材です。

かくれんぼう

建築の友公式HPより

これはクレヨンとマニキュアのような補修材なのですが、上手く扱うことができれば、プロがやるのとあまり変わらない仕上がりになります。

100円ショップからも、同じような補修材は出ているので、そちらで代用しても良いでしょう。

 

 

■フローリングを補修してみよう!

では、実際にフローリングの補修をしていきます。

実際に実家で傷がついたフローリングを実例にして補修材を用いて補修してみました。

特に引っ越しなどで傷つくことがあるので、日差しの劣化の補修だけでなく様々な用途に対応可能ですよ。

フローリング

この商品はクレヨンとマニキュアがセットになっているので、それぞれ用途に合わせ使い分けることができます。

クレヨンは、はげた部分に塗ってフローリングや家具を補修でき、マニキュアは細かい目地の部分などが剥げた時に目立たなくすることができます。

大きな傷でない限りはマニキュアを使うだけでも元通りにすることが可能です。

フローリング

仕上がりはこんな感じ。

キズが付いていたなんて、全然分かりませんよね!

 

■日差しによる色褪せにも対応

実際に住んでいる限り家具や床材が傷つくというのは、どうしても出てくるものですよね。

このような補修材は、日差しによる色褪せにも、バッチリ対応してくれますよ。

家具や床材のキズや、家具の色褪せなどにお困りの方は、このような補修材ツールを使うことをオススメします。

ぜひ、試してみてくださいね!

 

【商品概要】

■商品名:かくれん棒ミニ5色+住まいのマニキュアミニ5色

■かくれん棒ミニ(ダークオーク、ライトオーク、ミディアムブラウンオーク、ブラウン、クリヤー)+住まいのマニキュアミニ(ナツブラウン、ダークブラウン、ダークブロンズ、ブラック、マホガニー)

■価格:2,200円(税抜)

 

【参考】

※ かくれん棒ミニ5色+住まいのマニキュアミニ5色 – 建築の友