無印良品の人気収納アイテム「スタンドボックス&スチール仕切板」の、次の使い方とは?

 

“整理収納アイテム”で大人気の無印良品。

ご家庭の収納に無印良品のアイテムを取り入れている方は本当に多いですよね。

人気の理由は、使う人のアイデア次第で、無限大に活用方法があるから。

例えそのアイテムが古くなったり、その場所で使わなくなったとしても、シンプルなデザインなので、”次の使い方”を考えることが可能なんです!

今回はそんな無印良品の数ある整理収納アイテムの中で、“事務用品”という枠を超えて人気の高い、「スタンドファイルボックス」と「スチール仕切板」の、筆者おすすめの”次の使い方”をご紹介いたします。

 

■少し変形した「スタンドファイルボックス」を、ダストボックスに

筆者は、本や資料を入れていて、少しだけ変形してしまったスタンドファイルボックスをダストボックスとして活用しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おすすめは、このようなちょっとした隙間にファイルボックスを置くこと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

隙間に置くので邪魔になりませんし、ファイルボックスは容量もあり、ダストボックスとして十分使うことができますよ。

 

■余った「スチール仕切り板」はトイレットペーパーホルダーに!

スチール仕切板も、大人気収納アイテムの1つ。まとめ買いするお客様も多いのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな時は、トイレットペーパーホルダーとして活用することもおすすめですよ。

スチール製のため、しっかりと支えてくれるのでたくさん置いても大丈夫。

一度にたくさんトイレットペーパーを置きたい場合は、「スチール仕切板・大」のサイズがオススメ。

筆者は12ロールを一度に置きますが、安定して積み重ねることができます。

ストックが一目見て分かるのも、分かりやすくて便利ですよね。

 

 

いかがでしたか?

これから収納アイテムを増やす予定があれば、シンプルで使いやすいものを選ぶのが一番。

収納アイテムを買い足すのであれば1つの使い方に固執しすぎないことがあなたの住まいの収納を楽しくさせる秘訣です。

ぜひ、無印良品のアイテムであなただけの“その次の使い方”を発見されてみてはいかがでしょうか?