これから危険!「食中毒」を絶対防ぐ、3つのポイントとは

 

ジメジメとした梅雨。そして暑い夏。

気温も湿度も高くなるこれからの季節は、細菌による食中毒が増えるそう!

では細菌による食中毒を防ぐためにはどのようなことに注意したらよいのでしょうか?

毎日の食事作りで気をつけたいポイントをまとめてみました。

 

■ポイント1:細菌を食べ物に「つけない」

Graphs / PIXTA

Graphs / PIXTA

手には様々な雑菌がついています。調理する前に手を洗うのはもちろん、生の肉や魚、卵を取り扱った後も手をきちんと洗い、細菌を食べ物につけないよう気を配りましょう。

また生食用と加熱用の食材はくっつけないように!

まな板は使用の都度きれいに洗ったり、野菜用と肉魚用を分けたりするのも一つの方法ですね。

 

■ポイント2:食べ物に付着した細菌を「増やさない」

KAORU / PIXTA

細菌の多くは高温多湿な環境で増殖が活発になります。

肉や魚など生鮮食品を買った後は寄り道をしないですぐ帰り、できるだけ早く冷蔵庫に入れるよう心がけましょう。

また、冷凍食品を室温で解凍すると、食中毒菌が増える場合があります。

自然解凍は避け、必ず冷蔵庫や電子レンジを利用しましょう。

また冷凍や解凍を繰り返すと食中毒菌が増殖したりする場合があるので、料理に使う分だけを解凍できるよう、小分けにしておくことが大切です。

 

■ポイント3:加熱や殺菌で菌を「やっつける」

Graphs / PIXTA

Graphs / PIXTA

加熱するものは、とにかくしっかり火を通しましょう!

ほとんどの細菌やウイルスは加熱によって死滅しますので、肉や魚はもちろん、野菜なども加熱して食べれば安全です。

特に肉料理は中心までよく加熱することが大事。中心部を75℃で1分以上加熱することが目安です。

肉や魚、卵などを使った後の調理器具は、洗剤でよく洗ってから、熱湯をかけて殺菌します。台所用殺菌剤の使用も効果的です。

使用後のふきんやタオルにも細菌は付着します。熱湯で煮沸後しっかり天日乾燥させて細菌をやっつけましょう。

 

菌は目に見えないもの。それだけにポイントを押さえてしっかり予防し、衛生習慣を身につけたいですね!

 

【参考】

食中毒予防の3原則 – 厚生労働省