賃貸マンションでも大丈夫!「アクセントウォール」は楽しめます

これまで2回に渡って、「壁をペンキで塗ってみる」楽しさをご紹介してきたSumai編集部。

2回目では、実際に編集部員の壁を塗り替えました!

2回目では、実際に編集部員の壁を塗り替えました!

そこで、ポツリと編集部Mが「我が家も塗ってみたいけど、賃貸だしなぁ……」。

賃貸だから、アクセントウォールを楽しめない?

そんなことはありません!

今回は、賃貸でも“壁を楽しめる”アイディアをご紹介しましょう。

 

■賃貸だって、アクセントウォールを楽しみたい!

1IMG_1483

今回、アクセントウォールを作るのは、このデッドスペース。

ドアを開けてすぐ目に入る「フォーカルポイント(注視点)」であるにも関わらず、白で統一しているからか、とても殺風景ですね。

ここを、アクセントウォールにすれば、きっと部屋全体の雰囲気も変わるはず。

IMG_1494

匂いがほとんど無いので、換気を気にしなくてもOK! 作業時はエアコンをつけて閉めきった部屋でしたが、まったく気にならず、快適でした。

賃貸ですので、直接壁紙に塗るのではなく、板材(ベニヤ板と2×4材)と、つっぱり棒パーツ(ディアウォール)を使って、擬似的にアクセントウォールを作ってみたいと思います。

 

■「プライマー」で、木材から出る灰汁(アク)をブロック!

IMG_1495

紙ヤスリは目の細かいものを100均で購入

ホームセンターでカットした板は、“バリ”を紙ヤスリで取っておきます。この一手間で、より仕上がりが綺麗になりますよ。

今回も、「ベンジャミンムーア」さんのご協力のもと、3種類のペンキを用意しました。

大きい缶は1ガロン分。1ガロンで4平方m程度塗れます

大きい缶は1クオート(約0.9L)。1クオートで2度塗りで約5平米塗れます。

左から、「フレッシュスタート(下塗り材:万能プライマー)」「ステイズクリア(コーティング材:艶消し)」「Auraシリーズ エッグシェル(塗料:2〜3分艶)」。

フレッシュスタートは、1度塗りのため1クオートで約10平米塗れます。

柱として使う2×4材は、数百円と安価。これならチャレンジしやすい!

柱として使う2×4材は、数百円と安価。これならチャレンジしやすい!

今回、柱材として使う2×4材は、節(フシ)がたくさん。木材の節や年輪から灰汁(アク)が出てきて、後からシミになってしまうこともあるのだとか。

金属や木部など、直接塗るのに不安な箇所に塗っておくと安心!まさに“万能“。

金属や木部など、直接塗るのに不安な箇所に塗っておくと安心! まさに“万能“。

「フレッシュスタート万能プライマー」を1度塗りしておくことで、木材から出る灰汁を止めることができるのだそうです。

1IMG_1540

ローラーの端もうまく使って、薄く伸ばしていきます

もう、ローラーを使うのも3回目。みんな、慣れた手つきでサッと塗料を伸ばしていきます。

コツは、あまり速く動かさないこと。

もともと“飛び散りにくい”性質をもつベンジャミンムーアの塗料ですが、ゆっくり動かせば下の新聞紙にもほとんど塗料は付きません。

節の箇所は特に念入りに。

節の箇所は特に念入りに。

速く乾くのも、ベンジャミンムーア塗料の特徴。

完全に乾かすには約1時間ほどだそうですが、実際は、板材を次々に塗っていけば、最初の方はもう乾いていました!

乾かすための“待ち時間”が必要ないのも嬉しいですよね。

 

■ツールも一工夫! 2度塗りでツヤツヤ

1IMG_1581

今回選んだのは、ベンジャミンムーアが提案する今年のトレンドカラー「morning sky blue」。色は3,600色から選べるので、淡いニュアンスも思いのまま!

プライマーが乾けば、ペンキ塗りへ。

下が1度塗り、上が2度塗り。印字も綺麗に隠れます

下が1度塗り、上が2度塗り。印字も綺麗に隠れました!

2度塗りすれば、2×4材に印字されていたロゴも綺麗に消え、タマゴの殻のような程よい艶と綺麗な発色へ!

塗料はバケットに開けておくと便利ですが、100均の調理用バットなどでも代用できました!

塗料はバケットに開けておくと便利ですが、100均の調理用バットなどでも代用できました!

壁板として使うベニヤ板は、今回は直接ペンキを塗りましたが、プライマーを塗ったほうが灰汁を抑え、さらに木材への吸い込みも抑えるため、より仕上がりが安定するそう。

「壁のように広くない板材なら、ハケのほうが良いのでは?」と、ハケで塗ってみたところ、ハケ目が出てしまうことが判明。

より平滑にハケ目が出ないよう均一に塗るには、ローラーのほうが良いようです。

こちらも、板材を順番に塗っていくうちに最初の方はもう乾いているので、休憩なしでどんどん塗れるのがポイント。

 

■コーティング材で、掃除もラクラク!

1IMG_3267

アルコールや日常生活のシミに強く、長期でも黄色く変色しにくくなります。

ペンキが乾けば、最後に「ステイズクリア(コーティング材)」を2度塗りしていきます。

今回は、今年の秋に発売予定のステイズクリア(艶消し)を一足早く使って実験してみました。

左側がそのまま、右側がコーティング剤(艶なし)の2度塗り。

左側がそのまま、右側がコーティング材(艶消し)の2度塗り。

2度塗りするとこんな感じ。色はほとんど変わりませんが、よ〜く見てみて。

そのまま(左)だと光が反射して白っぽく見えますが、艶消しのコーティング材を塗ると(右)艶がないため色が落ち着いて見えますよね。

ペンキをマットに仕上げてくれるだけでなく、塗装した表面を保護してくれる役目も。

1IMG_3282

ステイズクリアにより塗装した面がコーティングされ、木材独特の引っ掛かりも軽減

また、触り心地も、サラサラとなめらかに。

1IMG_1608

薄い塗料(乾くと透明)なので、木目も全く消えません。

アクセント用に残しておいた白木の板材にも、保護用にコーティング材を塗って、ペンキ塗りは完了です!

 

■部屋にアクセントウォールがあると、やっぱりカワイイ!

1IMG_1636

あとは、柱材を壁に立てて、柱材に壁板材を貼っていけば、完成!

白木とペンキを組み合わせて、アクセントに。余った端材は、棚として活用。コーティング材を塗っているので、水拭き掃除もOKです。

完成まで約4時間(乾燥も含めて)。かなり雰囲気が出たのではないでしょうか!?

1IMG_1658

編集部一同「かわいい!」と大満足の様子。

家主である編集部Mも、「部屋のアクセントになった!」と嬉しそう。

 

賃貸でも、工夫次第でアクセントウォールって楽しめるんですね。

匂いや飛び散りもなく、乾きが速いので、狭い賃貸でも、あまり気負いすることなくペンキ体験ができるのも高ポイント。

賃貸にはハードルが高そうなペンキ体験も、やってみると意外と簡単!ってことに気付くはず。

ぜひ、賃貸のあなたも、アクセントウォールを体験してみてはいかがですか?

 

bmjapan

 

\今回使った塗料はコレ!/

0524_Aura_Eggshell_US

Auraシリーズ 艶:エッグシェル

ベンジャミンムーアのショップは全国に9店舗
仙台、新潟、青山、南青山、中野、静岡、大阪、山口、福岡
ショップ情報・商品情報はこちら
↓↓チェック!↓↓

ベンジャミンムーア公式サイトFacebookページ