寝る時、エアコンはどうしてる?タイマーを使うよりつけっぱなしが良い理由

 

 EKAKI / PIXTA

EKAKI / PIXTA

夏がやってきましたね。

夜も気温が下がらず、薄い布団に切り替えた方も多いかと思います。

ここから先は、暑さで寝苦しい日ももっと増えてくるかもしれません。

皆さん、そんな夜、エアコンはどうしていますか?

タイマーで消したほうがいいのか、つけっぱなしでいいのか、迷いますよね。

そこで今回は、快眠セラピストで睡眠環境プランナーでもある三橋美穂先生にお話を伺いました。

 

■エアコンはつけっぱなしでOK!汗ばむ手前の温度を自分で探す

快眠セラピスト/睡眠環境プランナーの三橋美穂先生

快眠セラピスト・睡眠環境プランナーの三橋美穂先生

ーー就寝時、エアコンをタイマー設定していますが、明け方に暑くて目が覚めてしまいます。

エアコンはつけっぱなしでも大丈夫なのでしょうか?

「日本の夏は、厳しい暑さに加えて湿度の高さが快眠を妨げてしまいます。

熱帯夜のときは我慢せずに、高めの温度設定で一晩中エアコンをつけておくことをおすすめします。

汗ばむ手前、目覚めない程度のギリギリの設定温度を自分で見つけて設定します。」

 

■省エネ温度がベスト

ーー理想の温度は何℃くらいでしょうか。

「就寝時の服装や寝具の状況によって変わりますが、28℃~29℃くらいですね。

また、快眠のポイントはエアコンと扇風機を上手に使うことです。

扇風機を天井に向けて回し、1番弱い風速で首振りにして、寝室の空気全体をゆるやかに動かすといいでしょう。

下に沈みがちな冷気をかき混ぜてくれて、ムラなく一定の温度に保ってくれます。」

ーー昔のエアコンは、高めの温度設定をしても寒くて起きることがあり、タイマーを使っていました。

今のエアコンは快適ですよね。

「一昔前のエアコンは、温度調整が正確ではなかったと思います。

最新のエアコンは、細かく温度を調節できるものもあって、室温をコントロールしやすいですね。

自分が快適に寝られる温度を見つけられれば、エアコンをつけっぱなしにしたほうが、朝までぐっすり眠れますよ。」

ーーありがとうございました!

 

 ■最新エアコンは「就寝時モード」で快適な涼しさで眠れて、電気代も安い

しかし、就寝時もエアコンをつけて寝るとなると、気になるのが電気代。

エアコンを選ぶ際は、節電タイプを選びましょう。

最近のエアコンは、独自の就寝モードを搭載したものが増えています。

ぜひ、最新の機能を活用して、エアコンと上手に付き合ってくださいね。