モヤモヤ解消!カレが「率先して家事を分担したくなる」アイディア2つ

imasia_2459355_M

共働きで働いているカップルや夫婦にとって、“家事の分担”は悩みのタネ。

なんとなく分担しているものの、不公平感があったり、パートナーがなかなか積極的にやってくれなくてストレスが溜まったりしてしまうことも。

どうしたら、相手に家事をさせることができるのでしょうか?

 

■「あなたもやって」と、きちんと言おう

「わたしはこんなにやっているのに……」ともやもやしてしまう気持ち、あなたはきちんとパートナーに伝えていますか?

これ見よがしに目の前で家事をしてみたりしても……それは伝わっていないかも。

心理コーディネータの織田隼人さんは自身のブログの中で、家事を手伝わない男性の心理を以下のように説明しています。

男性は“問題”に気づかないとなかなか改善しようとはしません。ですので、「ウチの旦那は家事をしてくれない」というのは、旦那さん自身に伝える必要があります。(中略)

女性がこれ見よがしに家事をしていたとしても「ああ、家事をしているなぁ」としか感じません。「あなたも家事をして!」としっかり伝えないと現状維持されてしまいます。

まずは、相手に「家事をやってほしい」と意志発信することが大切です。

 

■男性が「俺はこれなら得意だ」といえる家事は?

相手に家事をお願いするとき、あなたはなにをお願いしていますか?

人はだれでも、自分の得意なこと、好きなことなら自ら率先して「やりたい」と思うもの。男性は一体なんの家事が得意なのでしょうか?

gooランキングが行った「男性に質問!得意な家事は?」を見てみると、2位の「どれも苦手」を除いて、

4位・・・部屋の掃除
3位・・・食器洗い
1位・・・料理

という結果に。キッチンを任せるというのは少し勇気がいることですが、思い切って男性に料理を任せてみるというのはいかが?

最初は色々と気になって口を出したくなるものですが、“育てる”と思ってグッと我慢。家事をする夫に容赦ない言葉を浴びせる「家事ハラ」を男性の約7割が感じているという調査結果も(旭化成ホームズ)。

傷つけるほうは何気ない言葉でも、言われるほうはグサッと来る……。逆を考えればきっと解るはずです。

 

家事の分担はコミュニケーションの1つ。「ありがとう」の気持ちを忘れず、お互い想いやりたいものですね。

 

【参考】

男性に質問!得意な家事は? – gooランキング

家事をしない男性 – 織田隼人

妻の家事ハラ白書 – 旭化成ホームズ