子どもの夏休みには「無印良品の文具」が使える!元店長が勧める3つのアイテムとは

 

いよいよ夏休みのスタート。

お母さん達にとっては、お子さんがずーっと休みとなると大変!と感じることもあるとは思いますが……。

お子さんにとっては待ちに待った夏休み!

ちょっとした工夫で楽しく過ごしてみませんか?

今回は、夏休みの思い出作りにぴったりな無印良品の文具アイテムを3つご紹介いたします。

 

■「フリースケジュール付箋紙」で親子の週間スケジュールを立てよう

お子さんの夏休みって長い!

と感じる方も多いかと思いますが、数えてみるとたった6〜7週間なんですよね。

週間スケジュールを組むことで、お子さんの夏休みはもっと有意義になるはずです。

無印良品の「フリースケジュール付箋紙」は、1週間ごとのスケジュールを自由に書き込むことのできるもの。

付箋紙になっているので、カレンダーに貼り付けもでき、保管しておけば1年後には思い出のものになっていること間違いなし!

お手伝いや、宿題などスケジュールに書き込む日々のテーマを決めて一緒に一週間のスケジュールを立ててみるととても楽しめますよ。

 

■「絵本ノート」で、夏の思い出を絵本に!

「絵本ノート」はその名の通り、絵本のようになっているノート。

ハードカバーで中身はすべて白の画用紙なので、アレンジは自由自在。

送別会などのメッセージブックで使ったことがある方も多いはず。

筆者は娘との”思い出絵本”としてこちらを使っています。

娘が拾ってきたお花などを貼りつけたり、見たものの絵を描いたり、写真を貼ったりしています。

子どもが作るページに親からのコメントを書いてあげたりすると、親子で作る絵本がグッと素敵なものになりますよ。

 

■移動中にぴったり!「短冊型メモ 4コマ」

夏休み、帰省や旅行などで飛行機や新幹線に乗る機会が多くなりますよね。

そんなときに活躍するのが、無印良品の「短冊型メモ 4コマ」。

筆者は娘と長時間乗り物に乗る際、お絵かきをして移動時間を楽しんでいるのですが、このメモ帳は、4コマの枠がついているので遊び方がたくさんあり、飽きることなく遊べます。

何を描いているか当てるゲームをしたり、筆者が描いた絵を娘にマネして描かせたり、移動時間を楽しく過ごせるんですよ。

テーマを決めて書いたりしている分、絵の完成度も高くなり、お部屋に飾ったりしてもかわいいです!

4コマになっているのでなんとなくアートな感じに見えますよね。

 

いかがでしたか?

お子さんにとっての夏休みは、その年齢で経験する初めてのもので溢れています。

そんな時期だからこそ、少しでも楽しく、思い出になるような手助けをしてあげたいですよね。

今回ご紹介したアイテムのほかにも、無印良品にはお子さんが喜ぶ様々なサイズのノートや、カラフルなペンがたくさんあります。

この夏、無印良品でぜひチェックしてみてくださいね!

 

【参考】

無印良品