最後いつ洗った?「ペット愛用の毛布」1,000倍の細菌がいると判明

imasia_15086631_M

“家族の一員”とも言えるペット。ペットの衛生面はどうしていますか?

「お風呂に入るのを嫌がるから……」

「室内飼いしてるから大丈夫」

と油断していると、大変なことになっちゃうかも……。

 

■ペット愛用タオルには、ふつうの「1,000倍」細菌がいる!

今や、イヌの78.5%、ネコの85.5%が室内飼いされていると言われています(2013年 社団法人ペットフード協会調査)。

あなたが飼っているペットには、“お気に入りのマットやタオル”はありませんか?

あのマットやタオルにはどのくらいの菌がいるのでしょうか。

「ライオン商事株式会社」が、「東京農工大学」農学部獣医学科 林谷秀樹准教授と共同で、ペットまわりの布製品の衛生状態を調べたそう。

新品状態のタオルやマットを配布して普段ペットが常駐している場所に敷き、2週間〜4週間使用した後に菌数を測定。

すると、ペットを飼っていない生活環境レベルの100倍〜1,000倍もの菌(一般細菌やカビ)が検出されたのです。

感染症の原因となる「パスツレラ菌」や「大腸菌」が検出されたサンプルも。

これは、わずか2〜4週間使用したタオルでの検証結果。あなたの家の“ペット愛用布製品”は、いったい何週間そのままになっていますか?

 

■ペットを飼う時の、3つの注意点

「そうは言っても、今のところ大丈夫だし……」と安心するのは早いかもしれません。体調を崩した時や、免疫力の弱い子ども、高齢者のいる家庭では、日和見感染する可能性も。

ペットからヒトへ、菌を移さないためにはどうしたらいいのでしょうか? 先ほどの調査結果と、農林水産省が提唱している注意点をご紹介しましょう。

 

(1)ペットの布製品は、こまめに洗濯

唾液が付きやすいタオルや、糞便が付着しやすいマットは病原菌の温床。こまめに洗濯をすることが大切です。

洗濯前と洗濯後では、菌数が1/100〜1/1,000までに大きく減少することが確認されています。

「臭っていないから大丈夫」「毛さえコロコロで取り除けば……」などとズボラなことではダメですよ。

 

(2)「ペットの唾液」に要注意!

ペットの体の表面や口の中には、寄生虫の卵や、細菌、ウイルスなどが付着している場合があります。

キスなどのスキンシップ、ヒトとペットの食器を使い回す、ペットにさわった後、そのまま食事をすることは、ペットがもつ菌をヒトに移す行為。

触ったら必ず手を洗う、唾液がついたら除菌することを徹底して。また、ペットを台所や食卓に近づけない、余ったエサや水はすぐに片付けるなども大切です。

 

(3)動物を抱いて、一緒に寝ない

ペットと一緒のベッドで寝てる、という人も少なくないかもしれませんね。とくにイヌを飼っている人はその傾向が強いようです。

しかし衛生面からいうと、これは止めたほうがいいでしょう。ひっかかれて、動物の爪の中にいる細菌やウイルスが傷口から入ってしまう可能性もあります。

 

室内飼いしていると、スキンシップも必然的に増えて、感染症のリスクも高まります。「室内飼いだから大丈夫」ではなく、「室内飼いだからこそ気をつける」という気持ちが大切ですよ。

 

【参考】

ペットまわりの布製品の衛生状態に関する実態調査 – ライオン商事株式会社

かわいい動物でも気を付けて! – 農林水産省