レモンやライムが洗剤になる!? 爽やかな香りの発酵洗剤を手作りしよう!

夏は連日暑くて、お掃除をするのも億劫になることもありますよね。

そんな時は、爽やかな香りの洗剤を使ってみてると、やる気が出てくるかもしれませんよ。

お掃除でお部屋もスッキリして、香りでもリラックスできたら、一石二鳥です。

せっかくなら、手作りしてみましょう!

今回は、レモンやライムで作る、手作りの発酵洗剤のレシピをご紹介します!

わざわざ隠す必要がないくらい見た目も爽やかで、オススメですよ!

 

■レモンやライムには消臭・抗菌作用あり!

13643827_614538252045572_1972836488_n

どうしてレモンやライムなの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

レモンやライムに含まれる「クエン酸」には、消臭・抗菌作用があります。

鍋の黒ずみや水アカなどのアルカリ性の汚れを落とすのにピッタリなんです。

また、レモンやらライムの皮には「リモネン」という成分が含まれており、油汚れを分解する働きも。

これらを発酵させることで、それぞれの効果をアップさせる、というわけです。

なんといっても見た目が爽やかですし、天然のいい香りに癒されます。

シンクやタイル壁、窓、机などの拭き掃除、衣類の脇汗取りなど、色々なところに使えて、お掃除が楽しくなりますよ!

 

■発酵洗剤の作り方

作り方は、発酵生活研究家の栗生隆子さんに教えていただきました。

材料

  • レモンまたはライム……1個(なるべく無農薬・低農薬のもの)
  • 砂糖……小さじ1
  • 水……800㏄
  • ふた付きの容器
  • スプレーボトル

作り方

(1)レモンまたはライムを洗って輪切りにする。

(2)ふた付きの容器に、(1)、砂糖、水を入れる。

13617623_614538605378870_1897023266_n

(3)常温で置いておくと2~3日でシュワシュワと発酵し、原液が完成。

(4)使う分だけ原液をこして、スプレーボトルに入れて、10倍の水で薄めて完成!

13607919_614538618712202_703150795_n

スプレーボトルに作った洗剤はその日で使い切ってください。

残っている原液は冷蔵庫で保管し、1ヶ月ほどで使い切るのが目安です。

 

■小さいお子さんやペットにも安心

「レモンやライムは、廃棄寸前のものを使っても大丈夫。

または発酵時間は長くなりますが、実は食べて、残った皮だけで作ることもできます。

香りがいいので、ルームスプレーとしても使えますよ。

スプレーボトルに重曹を加えるとさらに汚れ落ちがアップします。」と栗生さん。

13599632_614538612045536_1259947305_n

ただし、酸が含まれているため、大理石などの石材には使用できないので注意しましょう。

小さいお子さんやペットがいるご家庭でも、手作りで成分が分かっている洗剤なら、どこを掃除しても安心できますよね。

消臭効果もあるので、トイレなどニオイが気になるところのお掃除にもオススメですよ!

夏のお掃除を楽しくしてくれるアイテムで、暑さに負けず、スッキリきれいなお部屋をキープしちゃいましょう!