今年買うならコレ!世界中で大人気「ラウンドタオル」をインテリアに活用する3つのテク

rt1

今、おしゃれに敏感な女性で人気沸騰中のアイテムを知っていますか?

その名も、「ラウンドタオル」!

SNSや女性向けキュレーションサイトで話題になったのがきっかけで、世界中で大人気となり、現在ではショップや通販でも完売続出で入荷待ちという現象も。

ラウンドタオルはビーチなどの夏のアウトドアのアイテムとしても注目度も高いですが、家のインテリアや日常品の一つとしても使えるマルチアイテムなんですよ。

 

■1:「ラウンドタオル」って何?

ラウンドタオルはオーストラリアやアメリカの発祥のアイテムで、大きさは直径約150cm、重さは約1kgもある大判の丸いタオル。

私たちが普段使っているバスタオルと比べても、ボリュームがあって、乳幼児なら全身がすっぽりカバーできるくらいの大きさです。

フリンジもラウンドタオルのチャームポイントです!

フリンジもラウンドタオルのチャームポイントです!

素材は厚手のタオル地なので、肌触りも抜群。フチ部分にはフリンジがあしらわれています。

またデザインも、根強い人気のモロッコ柄など、大人女子が好む、落ち着いた雰囲気に仕上がっているのもポイントです。

 

■2:お家でのラウンドタオルの使い方

ラウンドタオルはアウトドアだけでなく、お家でもバスタオル代わりに使えますが、他にも活用できる3つのテクニックがあります。

 

(1)インテリアのアクセントに

大きなソファにかけるのも良いですね。

大きなソファにかけるのも良いですね。

ラウンドタオルを広げ、半分に折るとリビングのソファやフローリングに置けば、インテリアのアクセントになります。

部屋を明るく、ワンランク上の雰囲気に変身します。「住まいの雰囲気に、もう少し何か足したい」と感じたときに使えますよ。

 

(2)クッションとして

クッションに変身します!

クッションに変身します!

ラウンドタオルは見栄えも良いので、使わないときはちょっとしたクッション代わりとして使えます。

作り方はいたって簡単。

rt6

タオルを半分に折ったら、ロールキャベツや春巻きを作る感覚で手前・左右の脇を折ってクルクル巻きます。

コンパクトになり、すっきりしますよ。

専用のベルトがあれば持ち運びもスムーズに!

専用のベルトがあれば持ち運びもスムーズに!

ラウンドタオルには、まとめて持ち運びできるキャリーベルトもありますが、手元にない場合は巻いた両端をひもやリボンで結んでおくと形も崩れずキープできます。

ベルトがなくてもひもやリボンで結んでもOK!

ベルトがなくてもひもやリボンで結んでもOK!

 

(3)部屋のスペースをアレンジ

エクササイズにもおすすめ!

エクササイズにもおすすめ!

床や畳の上に置けば、ヨガなどちょっとしたエクササイズや子どものお遊びスペースにもなり、使い方も本当に自由自在。

子どもがその場で昼寝しても、タオルの両脇を中心に向けてクレープ状に折れば、その部分がブランケット代わりにあり、冷えずに快適に過ごせます。

写真はぬいぐるみですが、乳幼児の子どもならお昼寝グッツにもなります!

写真はぬいぐるみですが、乳幼児の子どもならお昼寝グッズにもなります

 

■3:家で使うには、少し注意も……。

タオルの色移りなどが気になるなら、裏返しにして洗濯ネットに入れます。

肌触りのこともあるので、柔軟剤で2〜3回洗ってから使うことをおすすめします。

ラウンドタオルには裏面に滑り止めがついていないので、フローリングなどの木の素材の上に敷くと滑りやすくなります。
特に乳幼児がいるご家庭は注意しましょう。

 

上品でおしゃれなラウンドタオルを日々の生活にチョイ足しすれば、あらゆるシーンで大活躍できます。

ぜひ楽しく安全に使ってみて下さいね。