インテリア性もバッチリ!「WECKの保存瓶」でオシャレに梅酒作りしてみよう

01

今の時期にしか楽しめないものの1つが、“梅しごと”。

クエン酸を多く含む梅は、疲労回復や夏バテ予防に効果があるとも言われていますよね。

梅干しもいいけど、本日ご紹介するのは「梅酒」の作り方。

でも、ただの保存瓶ではつまらない!

可愛さ抜群の「WECK」の保存瓶で、インテリアとしても楽しんでしまいましょう!

 

■密閉性もバッチリ!ドイツのガラスブランド「WECK」

02

「WECK」は、100年以上続くドイツの老舗ガラスブランド。

耐熱ガラスにゴムパッキン、そしてステンレス性のクリップをつけて加熱すれば、簡単に真空状態にできるため、手作りジャムや、ピクルスなどの長期保存に、多くの欧米家庭で使われてきました。

01

そんな「WECK」の魅力といえば、その密閉性の高さと可愛さ! シンプルでどんなインテリアにも合うし、トレードマークのイチゴもとってもキュートですよね。

今回使う「WECK」の保存瓶は、2,700mlのもの。

サイズが大きいものなので、煮沸消毒は大変。度数の高いアルコール(ホワイトリカーでも可)を少量入れて、まんべんなく瓶の中で回し、拭き取ればOK!

簡単に消毒完了です。

 

■梅酒を作ってみよう

04

材料(2,700mlのWECK1瓶分)

  • 青梅 700g
  • 氷砂糖 500g
  • はちみつ 200g
  • ホワイトリカー 1.2L

05

まずは、下準備から始めます。

青梅を綺麗に洗い、水気をきれいにふき取ります。

06

梅のへそを、竹串や爪楊枝で丁寧に取ります。

07

氷砂糖→青梅→氷砂糖→青梅……と交互に詰めていきます。

最後は氷砂糖が上に来るようにするのがポイントです。

08

上からはちみつを垂らせば、グッと風味が良くなります。

09

最後にホワイトリカーをそっと注いで、これで仕込みは完成です!

10

あとは、氷砂糖が解け、青梅と混ざるように、1日1回、瓶をそっと揺すります。

「WECK」の保存瓶を使ったので、出しっぱなしで目に付くところに置いていても、棚の中に仕舞っても開けるたびにワクワクします。直射日光の当たらないところで保存してくださいね。

 

毎日大切に育てていくので、愛着が湧いてくるんですよ。2~3ケ月であっさりとした梅酒に……1年置くと深みのある味わいに変わっていきます。

お水で割ったり、サイダー割りにしたり……いろんな楽しみ方が出来ます。

意外と簡単にできる上に、お部屋のアクセントにさえなってくれる、そんな素敵な保存瓶で“梅仕事”始めてみませんか?