わずか14坪!それでも「広々した家」はどうして実現できたの?

都心で家を建てようと思うと、どうしても土地の面積が限られていて……という悩みが多く出てきますよね。

東京は渋谷区に住む神林さん夫妻もその1人。

子どもができたのを機に、家を建てようと考えたそう。

都心にある夫の勤務先まで徒歩圏内という好条件だったものの、高さ制限が厳しい、わずか“14坪”の狭小地。

限られた面積で、どうやって広々とした家を実現したのでしょうか?

ご自宅にお邪魔してみました。

 

■わずか14坪の狭小住宅

マンションやハウスメーカーの戸建て、リノベーションなど様々な住まいを検討したものの、「いずれも素材やプランに制約があり、自分たちらしい家づくりには無理があると感じました」と振り返る神林さん夫妻。

それもそのはず。

夫はテレビドラマの美術セットを手掛けるデザイナー、妻は広告業界に身を置くフリーランス。

常に豊かな発想と美的センスを問われる職業柄、住まいにもオリジナリティに富んだアイデアを求めたのだそう。

70-3

一見、地上3階建てのように見えますが、スキップフロアを採用した地下1階、地上2階建て。

図

わずか14坪の中に、ビルトインガレージまで確保。

中にはどのようなアイデアが詰まっているのでしょうか?

 

■メインのLDKはワンルームに

72-4

1階は、空間をまるまる使ってLDKに。

「ワンルームのLDKですが、キッチンとダイニングがスキップしているので、視覚的にも体感的にも変化があるんです。」(夫)

72-3

床の高さを変えることで、空間を緩やかに区切るだけでなく、ダイニングに座った人と目線の高さが揃う効果も。

70-2

LDKは子どもたちの遊び場にもなるため、カウンターキッチンの背面を収納にして、絵本やおもちゃなどをしまえるように。

1つの空間を何通りにも有効活用しているのは、サスガ!

72-1

子ども専用の折りたたみ式ミニデスクは夫がDIYしたそう。調理中でも親子のコミュニケーションが取りやすく、すぐに取り出せてサッと片付けられるので、出しっ放しにすることもありません。

73-6

狭小住宅でも、収納ももちろんしっかり確保。壁際にカウンター収納を設け、食器や電化製品、買い置きの食材などを収めています。

 

■高い天井で、広々!

74大判

また、2階の寝室は、梁を現しにして天井を高くすることで、広々とした空間へ。

窓からたっぷりと光が差し込み、柔らかな印象を生んでいます。

74-2

寝室は現在、家族全員で使っていものの、子どもたちが成長したら2部屋に分けることができるフレキシブルな間取りにしているそう。

「住んでから、自分でいろいろと手を加えると思うから、空間はあくまでもシンプルにしたい」と、白と木のナチュラルな雰囲気のインテリアを配置。

74-3

お気に入りの雑貨やグリーン、DIYの棚、子どもたちの絵を引き立てる“背景”となっています。

 

■地下でも高窓で明るく

地階は、水回りと書斎を配置。

75-6

書斎は半地下のため窓を設けることができ、明るさを確保しながらも集中できる“おこもり感”が実現しました。

75-8

浴室は、間仕切りをガラスにすることで、空間に広がりを持たせ、高窓から光を取り込んでいます。

洗面カウンターはオープン収納にすることで、圧迫感を軽減しているのもポイントですね。

73-7

「家族が成長するように、家に手を加えて少しずつ変えていくことが面白い。この先どう変化していくのだろうとワクワクしています」と話す妻。

少しずつDIYも取り入れながら、“自分たちらしい家”に仕立てているそう。

ユニークなこの家をもっと詳しく覗いてみたい方は、ぜひ「住まいの設計」もチェックしてみてくださいね。

 

設計/岡村航太+大桑隆志(8d一級建築士事務所)

施工/東京組

撮影/飯貝拓司