収納スペースはあえて抑えめ!憧れの「ウォークインクローゼット」を賢く使うコツ【くらし事典】

住まいは、毎日の暮らしの中心の場所。

私たちの暮らしには、様々な言葉があります。

中には、パッと聞いただけでは分からない難解なものや、聞いたことがあるけれど、意味はよく分からないものもありますよね。

暮らしにまつわる多種多様な用語を解説していくこの【くらし事典】では、そういった「分かっているようで分かっていない、気になるあのワード」にスポットを当てて、分かりやすく解説していきます。

 

■今日の気になるワードは……「ウォークインクローゼット」

 KWphoto / PIXTA

KWphoto / PIXTA

「ウォークインクローゼット」は、人が中を歩けるくらいの広さを確保した、衣類収納用のクローゼットです。

クローゼットとは言いますが、床は連続する寝室などと同じ高さにするのが一般的。

あえて空間を仕切らず、ドアなどを省略してしまうこともありますが、気になる場合はドアを取り付け、中の洋服を隠してしまいましょう。

見取り図などでは、「WIC」と略すこともあります。

 

■ここに注意!効率的に使うコツ

住宅購入では、ウォークインクローゼットが決め手になることもあるほど、今や大人気の収納であるウォークインクローゼット。

中を歩けるほどの収納スペースがあるって、憧れちゃいますよね。

でも注意しないと、せっかくの大容量収納が、ごちゃごちゃしてとても使いづらい物置スペースになってしまいます。

 

(1)通路部分は広めに確保する

壁一面に洋服をかけられるので、「収納スペースは多い方がいい」なんて思って、ついつい通路部分を狭くしたくなりますよね。

でも、通路部分があまりに狭いと、ウォークインクローゼットの入り口から見た時、とてもゴチャゴチャしてしまいます。

自分が入ることを想定して、しっかりスペースを取りましょう。

 

(2)収納スペースは1列だけにしておく

 YUZ / PIXTA

YUZ / PIXTA

つい空間を有効活用しようと、奥行きの深さに任せて、壁側から2列の洋服かけを作ってしまいたくなります。

しかし、いちいち奥の方を取るのは大変!

それぞれの壁に対して、収納は必ず1列にしておくのがポイントです。

 

(3)着替える場所を確保する

新築の場合は、ウォークインクローゼットと寝室などの着替える場所が繋がっているのが当たり前ですが、リフォームなどの場合は、空き部屋をそのまま活用したり、間取りの制限があったり、寝室と離れている場合もあります。

せっかく洋服を沢山しまえても、着替える場所と離れていては、使いづらく、ストレスになってしまいます。

後からウォークインクローゼットを作る場合は、使用時の動線も想定しておきましょう。

どうしても離れてしまう場合は、姿鏡を置いて、中で着替えられるようにしてしまうといいかもしれません。

 

いかがですか?

憧れのウォークインクローゼットを作るなら、賢く、効率よく使いたいものですよね。

ポイントを抑えて、スッキリしたクローゼットにしましょう!