自分で作れちゃう!憧れの「ブルックリンスタイル」部屋づくり【基礎知識編】

03

落ち着いた雰囲気のカフェに行くと、テーブルやカウンター、床や壁に 、”使い古されたような”ぬくもりを感じる木材を使っているのを見たことありませんか?

これらの多くは「足場板」と呼ばれる、大工さんたちが高所作業など現場で使うものを再利用されて使われています。

今回はその雰囲気の良い木材を使った棚づくりを紹介したいと思います。

 

■「ブルックリンスタイル」のお店でよく使われている材料

近年ヴィンテージの雰囲気を活かしてリノベーションされた、ブルックリンスタイルのお店でよく使われている人気の素材「足場板」。

「足場板」は長年作業で使われていて傷が付いていたり、ペンキがちょっと付いていたりと、古いけれど味のある”シャビーシック”な素材です。

この足場板を利用したカウンターやテーブル、棚があると、アンティーク家具を置いているかのような、暖かみの感じる空間に変わりますよね。

アンティークな小物や中世ヨーロッパで使われていそうな雑貨、観葉植物などとの組み合わせの相性も良いですよ。

 

■ホームセンターでは売ってない!?インターネットで購入可能

通常の足場板自体はホームセンターでも売っていますが、店舗で使われている味のあるモノは「古材」と言って、長く使われたもの。

足場板の古材を手に入れたいなら、インターネットなどで販売サイトを探してみるのがいいでしょう。あとは、なかなかお会いする機会もないかもしれませんが、大工さんなどから直接交渉して譲って頂く、という入手の仕方もあります。

 

足場板の基礎知識をお伝えしたところで、次回は実際に棚の作り方をご紹介します!