あなたは知ってる?リフォームとリノベーションの違い【くらし事典】

住まいは、毎日の暮らしの中心の場所。

私たちの暮らしには、様々な言葉があります。

中には、パッと聞いただけでは分からない難解なものや、聞いたことがあるけれど、意味はよく分からないものもありますよね。

暮らしにまつわる多種多様な用語を解説していくこの【くらし事典】では、そういった「分かっているようで分かっていない、気になるあのワード」にスポットを当てて、分かりやすく解説していきます。

 

■今日の気になるワードは……「リノベーション」&「リフォーム」

pixta_22829393_M

最近になって、頻繁に使われるようになった「リノベーション」という言葉。

中古住宅をとってもオシャレに作り替える事例など、なんだかオシャレな印象がありますが、実際のところ、「リフォーム」と何が違うのか分からない……という人もいるのではないでしょうか?

「リフォーム」は古くなったキッチンやトイレなどの設備機器の交換、クロスの貼り替えといった簡単な工事のことを言います。

対して、「リノベーション」は間取りの変更なども行う大規模な工事のことです。

現在はあまり区別されなくなりましたが、元々英語の「renovation」は、「革新、刷新、修復」を意味しており、大規模な工事を行い、中古住宅を“より良くする”という意味合いで使われる場合が多いです。

 

■リノベーション・リフォームしたいと思ったら?

cba / PIXTA

cba / PIXTA

いざリフォームやリノベーションを考えても、最初に何をすれば良いのか、分かりませんよね。

一体、何から始めれば良いのでしょうか?

 

・まずは可能かどうかを確認

思い立ったら、色々調べたくなるものですが、まずは自分が住んでいる物件が、そもそもリフォームやリノベーションが可能なのか、きちんと確認しておきましょう。

この時、工事可能かどうかだけでなく、耐震なども確認し、本当にリフォーム・リノベーションをするべきかも今一度考えましょう。

 

・雑誌やネットで情報収集

物件が工事可能だと分かったら、情報収集をします。

現在はリノベーションなどの専門サイト・雑誌も多いので、設計事務所や会社を気軽に調べることができます。

住宅事例を見ると、具体的なイメージができるというメリットもあります。

また、オープンハウスなど見学会をしている場所もあるので、覗いてみるのもいいかもしれません。

 

・セミナーや勉強会へ行ってみる!

最近では、リノベーション会社やリフォーム会社が行うセミナーや勉強会もかなり多くなってきました。

いずれも無料なので、気軽に相談をしに行くのもいいでしょう。

 

いかがですか?

最近はリフォーム・リノベーションがかなり身近になってきましたが、いざ自分がやるとなると、大変なことも多いもの。

まずはしっかり情報収集をして、後悔が残らないようにしましょう!