今流行りの「マクラメ」アイテムってどんなもの?【ハンドメイド作家を訪ねる】

 

大量生産、大量消費もいいけれど。

使い捨て、ファストファッションも、便利だし、使いやすいけれど。

「わたしが選んだ、こだわりの1つ」は、なんだかすごく愛おしく大切にしたくなるもの。

そんな雑貨やアイテムが、おうちに1つあると、素敵な空間になると思いませんか?

毎週日曜日は、そんな“こだわりのアイテム”にフォーカスして、その作家の想いやエピソードをご紹介します。

ナビゲートしてくれるのは、タレントとして、またテレビや映画などでも女優として活躍しているちはるさんです。

 

■「天然石×マクラメ」の美しい組み合わせに魅せられて

第1回目にご紹介するのは、Sumaiでも執筆している、マクラメ作家の「丸助」さん。

_DSC4581

ラブラドライト、ヒマラヤ水晶などの美しい天然石を使ったネックレスは12,700円~

「マクラメ」とは、紐などを結ぶことで様々なものをつくるクラフト全般のこと。

「5月頃、友人の紹介で作品を持ってCHUM(ちはるさんがオーナーを務める目黒のカフェ)に来てくれました。

そのときに見せてくれたヒマラヤ水晶のペンダントがドラクエの“勇者の剣”みたいでカッコいい!って思ったのをよく覚えています」とちはるさん。

_DSC4624

実は丸さん、見た目は男性ですが、戸籍上の性別は女性、いわゆるトランスジェンダーなんです。

以前は8年近くお好み焼き屋さんをやっていたという、異色の経歴を持っています。

「丸さんは“これ、オシャレでしょう?”みたいなカッコつけた感じが全然なくって、石の話とか歴史の話に始まり、最後は宇宙やフリーメーソンのことまで、初対面なのにいろんな話で盛り上がってしまいました」(ちはるさん)

_DSC4525

しかも始めてまだ1年も経っていないのにこの完成度、すごいです。

「つくっているときって、すごく集中するので、瞑想しているような状態になるんです」と丸さん。

デザインスケッチみたいなものは描かずに、直感でどんどん編んでいくんだそうですよ。

_DSC4557

手を動かしてモノをつくるのが、本当にお好きなんでしょうね。

独特のセンスが光るブレスレットやピアスも、どれも素敵なんです。

_DSC4594

「褌丸」というブランド名でネット販売している

「最初は自分が欲しいからつくったのですが、買いたいという人が思いのほか多くて……」という女性用のふんどしも!

丸さんにしかつくれない、しかもひとつとして同じものがないからこそ、惹かれてしまうのかもしれません。

 

エスニック感漂うアイテムは、ファッションにアクセントを加えてくれそう。

みなさんもチェックしてみてはいかが?

 

【丸助さん(マクラメ作家)プロフィール】

1975年東京都生まれ。

マクラメを使ったアクセサリーのほか、女性用のふんどしブランド「褌丸」なども手掛ける。また、出張鉄板料理人として料理教室やイベントに参加することも。

 

【ちはるさん プロフィール】

テレビ、映画、舞台などでタレント、女優として活躍するだけでなく雑誌・Web連載、著書など多彩なジャンルで活躍中。

オーナーである目黒のカフェ「CHUM APARTMENT」をはじめ、インテリアや雑貨などのセンスは長年多くの人の支持を集めている。

月刊誌『ESSE』(扶桑社刊)にて音楽に関するエッセイ「ちはるのハナウタ」も好評連載中!

 

撮影/難波雄史