初めて「オーダーメイド靴」をお願いしてみた【ハンドメイド作家を訪ねる】

 

大量生産、大量消費もいいけれど。

使い捨て、ファストファッションも、便利だし、使いやすいけれど。

「わたしが選んだ、こだわりの1つ」は、なんだかすごく愛おしく大切にしたくなるもの。

そんな雑貨やアイテムが、おうちに1つあると、素敵な空間になると思いませんか?

そんな“こだわりのアイテム”にフォーカスして、その作家やの想いやエピソードをご紹介するこのコーナー。

ナビゲートしてくれるのは、タレントとして、またテレビや映画などでも女優として活躍しているちはるさんです。

 

■生まれて初めての、「オーダー靴」!

a_ICE0509
実は私、生まれて初めて靴をオーダーしたんです。

お願いしたのは「はきもの工房 うえの」の上野一雄さん。

a_ICE0515

全国のギャラリーやクラフト市を回りながら注文を受け、岡山県備前市にある工房でつくってお届けする、という独特のスタイルで、ご夫婦で靴づくりをされています。

a_ICE0461

中には、ハッとするほど鮮やかな色の靴も。革は上野さんの妻のもえさんが、一点一点丁寧に染色しているんだそうです。

a_ICE0462

上野さんの妻のもえさんが普段履いているという靴は、どんなテイストの洋服とも合わせやすそうなデザインと革の風合いが美しいですよね。

 

■ガンガン履きたくなる! 私だけのための一足

知人からプレゼントされた、上野さんの革のスリッパがすごく履きやすくて。

何年も愛用しているのですが、そうしたご縁もあり、靴を持って「CHUM(ちはるさんがオーナーを務める目黒のカフェ)」に来てくれたんです。

上野さんの第一印象は、ひとことで言うと「信頼できる職人さん」かな。

ずらりと並べて見せてくれた靴はぬくもり感があって、デザインもかわいい。即オーダーしちゃいました。

a_ICE0466

甲と足首をひもでしっかり固定できる、モカシンブーツもかわいいでしょ!

コバ(革端)決めをしているところ。愛用している菊一文字の革包丁は、手入れをしながら使い込んでいくうちに自然と刃が短くなるそう

コバ(革端)決めをしているところ。

丁寧に採寸してもらった後は、素材やサイズを決めていきます。

ソールの高さやつま先のデザイン、革の質感……。

すべてを自分好みにできるので、つい夢中になってしまいます。

私は右足がちょっとだけ大きくて、足の指が長いのですが、そういう所まで丁寧に対応してもらえるのは、オーダーならでは。

愛用している菊一文字の革包丁は、手入れをしながら使い込んでいくうちに自然と刃が短くなるそうです。

a_ICE0487

待ちに待った、私だけのためにつくられた靴は、サイズも色もデザインも思い描いた通り。

まあるいオデコが、かわいいでしょ!

a_ICE0553

オーダーから納品までは約1年近くかかるのですが、CHUMでも受注会は今後も定期的に行っていく予定です。

今年は10月13日から23日までCHUM APARTMENTで2回目の展示会が行われます。上野さんの靴を見てみたい、という方はぜひ遊びにきてください。

 

いかがでしたか?

自分の足にピッタリと合った靴は、お出かけするのも楽しくなりそう。

みなさんもチェックしてみてくださいね。

 

【上野一雄さん(靴作家)プロフィール】

2007年から生家の東京都板橋区の生家の一室で靴をつくり始める。

2012年より縁あって岡山県備前市に拠点を移し、築80年超の古民家で暮らしながら靴づくりをしている。

 

【ちはるさん プロフィール】

テレビ、映画、舞台などでタレント、女優として活躍するだけでなく雑誌・Web連載、著書など多彩なジャンルで活躍中。

オーナーである目黒のカフェ「CHUM APARTMENT」をはじめ、インテリアや雑貨などのセンスは長年多くの人の支持を集めている。

月刊誌『ESSE』(扶桑社刊)にて音楽に関するエッセイ「ちはるのハナウタ」も好評連載中!

 

 

撮影/山田耕司