捨てる前の「バッグ・クロージャー」活用術、本当に便利なの?検証してみた

パンの袋を止めているクリップのような留め具、それが「バッグ・クロージャー」です。

ちまたには、このバッグ・クロージャーを再利用するアイデアがたくさん出回っていますが、その中で本当に使えるアイデアは?

また、使い心地がイマイチなアイデアは?

今回は、アイデアをいくつかピックアップして、実際に使い心地はどうなのかを検証してみました。

 

■ぐしゃぐしゃになりやすい「コード」に

たとえばデジカメの充電器などの使用頻度の少ないコードって、収納場所に困りませんか?

結ぶと良くないって言いますし、かといってそのままにしておくと絡まるし……。

しかし、これなら箱にしまうときにも「コードが邪魔でしまえない」とイライラすることもありません。

まさに“ぐしゃぐしゃコードのイライラを改善する”のにピッタリのアイデアだと言えます!

ただ、太いコードには対応しきれないことだけが残念でなりません。

 

■スタート地点が見つけにくい「テープ」の目印に

セロハンテープやマスキングテープのスタート地点が見つけられず、イライラしたことはありませんか?(筆者はしょっちゅうあります)

バッグ・クロージャーを挟んでおけば、セロハンテープの出だしを一目で見つけられるので、時短にもなるしとっても便利です!

 

■半分に折って「スプーン・フォーク」の一時置き場にも

バッグ・クロージャーを半分に折れば、ナイフレストに。

引っ掛かりもなく、汚れたらすぐに捨てられるので便利!

「このフォーク、まだ使いたいけど置き場所がなぁ……」なんていうときにピッタリです。

ただ、通常サイズの計量スプーンだとサイズ的に入りきりませんでした。

しかし、半分に折らずにそのままの形で使用すると、スプーンやフォークがスムーズに置けません。

さらに、バッグ・クロ―ジャーの爪部分にスプーンやフォークが引っ掛かってしまうと、周りに汚れが飛び散り悲惨なことに……。

使うなら断然、半分に折った状態がオススメです!

 

■迷子になりやすいコードの「ラべリング」にも……?

どうやら、そのコードが何のコードかということを意識することは、筆者にとって頻度の低いことだったようで……。

タグをつけてもそこまで「便利だわ!」と感じませんでした。

タコ足の根元でないと、最初は根元に止まっていても簡単にずり落ちてしまいます。

それもちょっと不便かなという印象です(写真のようにコードの根元に爪で引っ掛けて挟めばずりおちることはありませんでした)。

ただ、小まめにコンセントを抜く人にとっては便利かもしれません。

 

今回は4つのアイデアを検証してみましたが、他にも便利なアイデアがたくさんありそうです。

皆さまも、捨てる前に再利用してみてはいかがですか?