これは便利!「ゴミ袋&キッチン消耗品」をイライラせず取り出せる収納グッズ

20160828hana02

皆さんは、キッチンで使うゴミ袋やポリ袋をどのように収納していますか?

自立しない形状なので、そのまま仕舞うと煩雑になりやすいですよね。

頻繁に使うものがサッと取り出せないことがプチストレスだった筆者でしたが、そんなプチストレスを一気に解消してくれる収納グッズを発見!

これを使うようになってからは、かなり快適になりました。

その収納グッズとは、webショップ「mon・o・tone」のキッチン消耗品用ケースです。

筆者宅では45リットルのゴミ袋を収納できるケースとポリ袋や保存袋をコンパクトに収納できるケースの2種類を使用しています。

特に45リットルのゴミ袋が収納できるサイズは、支え板が入っているので中身が少なくなっても中でよれたりせずに、最後の1枚までしっかり取り出すことが可能なのです。

それでは、筆者宅での使用例をご紹介いたしましょう。

 

■この収納ケースで、今まで煩わしかった無駄な動きが1つ減らせた!

20160828hana03

45リットルのゴミ袋と排水口ネットは、キッチンのシンク下にある引き出しに収納しています。

このキッチン消耗品用ケースを使うまでは、排水口ネットをパッケージの袋のままで引き出しに入れていたので、使いたいときはその袋を開けてから排水口ネットを取り出さなければならなかったのです。

しかし、今ではケースから直接取り出せるので、無駄な動きが1つ減ったのです。

さらに、収納場所もゴミ箱や排水口のすぐそばにある引き出しなので、取り換え時にはすぐに取り出す事ができとても便利です。

ほかにも、この引き出しには食洗機用の洗剤、クレンザー、セスキ炭酸ソーダをフレッシュロックに詰め替えて収納しています。

 

■小さなものこそ収納場所を決めて、「こまごま専用」指定席を設ける

20160828hana01

ポリ袋や使い捨て手袋なども、キッチン消耗品用ケースに入れて収納しています。

また、お店でもらった割り箸やお手拭きなどが使わずに余ったときは、次回使うときまでこのキッチン消耗品用ケースにまとめて収納しています。

とかく細々したものが集まりがちなキッチン。

しかし、「こまごま専用」のケースを1つ決めて、そこへ仕舞っておけば、使うときはそのケースだけ探せばよいので「使いたいときに限ってみつからない」というイライラの状態を回避できます。

 

いかがでしたか。

キッチン消耗品用ケースを使うことで色や形が揃い、見た目もすっきりして、かつキッチンでの無駄な動きを減らすことができました。

キッチンの収納でお困りの方は、ぜひおためしくださいね。