諦めるのは早い!制服やスーツの「布のテカリ」を無くす方法とは?

制服をたたむ

毎日のように着る、スーツや制服。

何度も着るうちに、テカリが気になってきませんか?

とくに、お尻部分や肘、袖口などは、テカリが出やすい箇所。

「ライオン株式会社」が行った調査では、子どもの制服や夫のスーツで最も気になる悩みの1位が「布地のテカリ」だったそう。

これ、なんとかならないものでしょうか……。

 

■諦めるのは早い! 「布地のテカリ」は抑えられる!

布地のテカリは、しょうがないものと諦めていませんか?

先ほどの調査でも、4割以上が「特に対処や対策はしていない」と諦めモード。

しかし、この「布地のテカリ」は、原因が分かれば、対処もできるんです。

そもそもどうして「布地のテカリ」が起きるのか?

制服やスーツに使われているのはウール。

img_110765_2

天然繊維の持つ凹凸によって、布の表面に当たった光は乱反射し、落ち着いた色合いに見えています。

しかし、何度も着用を繰り返すと、そのうち布の表面が平らになり、まるで鏡のように光が反射してしまうように。

これが“テカリ”の原因です。

 

■「洗濯」すれば、テカリを軽減できる!

布のテカリが気になったときには、ぜひ洗濯をしてみてください。

制服をたたむ

raphs / PIXTA

そうすることで、平らになってしまった繊維表面がほぐれて、凹凸のある状態に戻ってくれるというわけ。

img_110765_3

実際に、試験をやってみたところ、「テカリ度5(かなり気になる)」近くあったものが、洗濯後は「テカリ度1(かなり気にならない)」以下という結果に。

 

■オシャレ着洗剤の成分で「テカリ再発生」を防ぐ!

洗濯をする際には、成分にも少しこだわってみましょう。

制服やスーツを洗う際は、通常の洗剤ではなくオシャレ着用洗剤をつかう事が多いかと思いますが、ポイントは繊維保護成分(SAPA)が入っているかどうか。

img_110765_4

この成分が繊維表面に吸着し、摩擦を低減するため、繊維の削れやつぶれを軽減してくれる効果があるそう。

テカリの再発生を抑えてくれるはずですよ。

 

なかなか洗う機会のない、スーツや制服。

数ヶ月に1回、クリーニングに出すだけ、という人も多いのではないでしょうか。

それだけに、それらの服はわたし達が思っている以上に汚れています。

テカリや汚れをさっぱりと落とし、いつも気持ちよく着るためにも、ハウスクリーニングにも挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

【参考】

制服やスーツの着用ダメージである「テカリ」はお洗濯でケアできる! – ライオン株式会社