元おニャン子・新田恵利がプロデュース!高齢者が安心して使えるオシャレ介護用食器【Editor’s セレクション】

暮らしを豊かにするために欠かせないのが、インテリアや愛すべき雑貨たち。

このシリーズでは、「Editor’s セレクション」と称して、曜日毎に違ったアイテムで、編集部がグッと来たアイテムやブランドをご紹介していきます。

日曜日は【食器編】!

今回は株式会社カインドウェアから発売される、介護用の食器をご紹介いたします。

 

 

 

■軽くて、中身も見えやすい!高齢者が安心して食事を楽しめる今までになかった介護用食器

sub6

 

介護用の食器は、今まで白いプラスチック製のものがほとんどでしたが、今回ご紹介する「漆器の食器セット」は私たちのイメージするものとは違う、オシャレで木のぬくもりが感じられる美しい食器です。

 

創業122年の老舗フォーマルウェア企業である株式会社カインドウェアが、老舗漆器の山田平安堂とコラボレーションすることで完成した「漆器の食器セット」は、”使い手”の立場から考えて開発されたもの。

 

sub7

漆器の軽さが高齢者の方にも扱いやすいことに加え、器は漆黒、お盆は鮮やかな朱色で彩り、視力が低下した方にも食器が見えやすいことが特長です。

これまであったような白いプラスチック食器などでは見えづらい白米などの食材も、こちらの器であればはっきり見えるので、食事のしやすさをサポートしてくれます。

美しい食器で食事することによって、食べるときについ忘れがちな”食事の楽しさ”も感じさせてくれそうですよね。

 

■元おニャン子の新田恵利が自身の介護経験をもとにプロデュースした介護用食器

sub10

今回、こちらの食器セットのプロデュースにあたったのは、元おニャン子クラブの新田恵利さん。

実際に母親の介護をする中で、「毎日使うものを見直していき、介護を受ける人も介護に従事する人も、心を豊かに出来る情報や商品を提案できれば、楽しく前向きな時間が持てる」と考えていたそう。

木製で軽くて小さな手にもなじみやすい、しかも断熱性にも優れているので熱い料理でも安心。

万が一落としたとしても割れる心配もなく、介護に従事する人もストレスなく使い続けられそうです。

介護の経験者だからわかる思いを形にしたセットは、介護を楽しもうという思いも込められているように感じます。

 

いかがでしたか?

介護用食器のイメージを覆す、美しくオシャレな「漆器の食器セット」。

介護される側、従事する側の気持ちを徹底的に考えて作られたこちらは、まさに株式会社カインドウェアが提案する、”ときめきのある快適で楽しいシニアライフ”を表現した食器ですよね。

カインドウェアWEBショップにて発売がスタートしているので、この機会にぜひチェックされてみてください。

 

【参考】

介護実践中の“元おニャン子クラブ”新田恵利さんプロデュース『シニアに優しい食器』創業122年のフォーマルウェア企業から新発売

株式会社カインドウェア

山田平安堂

カインドウェアWEBショップ「素敵クラッセ Online Shop」