築35年の団地には見えない!殺風景な部屋をガラリと変える簡単「腰壁」DIY

おしゃれなカフェや雑貨屋さん。

お店に入る目当ては、もちろんカフェなら美味しい珈琲を……、雑貨屋さんなら良い商品を……と、これを目当てに入るのですが、私が必ずチェックするのはそのお店の内装!

今は特におしゃれなお店が増えていて入るだけでワクワク!

素敵な雑貨の背面に必ずと言っていいくらいあるのはシャビー感のある板壁です。

今は板壁風の壁紙などもあるけれど、やっぱり紙より木の素材で本物の板壁のような雰囲気にしたい!

そのような方にオススメな原状回復可能なDIY、簡単にベニヤで板壁・腰壁を作れる方法をご紹介したいと思います。

 

■べニア、モールディング、マスキングテープ…。6つのアイテムで誰でも簡単に板壁が!

この写真はお恥ずかしながら、我が家のDIY前の和室になります。

用意するのは、以下の6つのアイテムになります。

  • ベニヤ
  • モールディング
  • カッターナイフ
  • V型の彫刻刀
  • マスキングテープ
  • 両面テープ

まず板壁にしたい場所にベニヤを置きコンセントを使えるようにカッターでくりぬきます。

立ててある木の棒がこの板壁に重要な役割をしてくれるモールディングになります。

今回は腰壁にする為、ベニヤを横に配置しています。

ベニヤは一枚300円程で売っているので、ローコストで素敵な板壁が完成できちゃいます!

配置が決まりコンセントがちゃんと使えるかを確認すれば後はもう簡単!

 

■ベニヤに雑な感じでペンキを塗り、シャビー感を演出!

 

最初にベニヤに好きな色をペンキで塗っていきます。

ここでの塗り方はあえて雑に塗り、シャビー感が出るような感じに塗っていきます。

そして長い物差しがあれば物差しで、なければ長めの木材を使用し、板壁に見えるようにV字の彫刻刀を使い掘っていきます。

このように彫刻刀で掘っていくと、白い塗料が剥がれだんだんと板壁に仕上がってきました。

後はこのベニヤを壁に貼り付ければ完成!

 

■マスキングテープ、両面テープの順で壁を貼ると。すぐに原状回復が可能!

 

ここでDIYに欠かせない原状回復を可能にする貼り方があります。

マスキングテープ→両面テープ。

この手順で間隔を開け壁に貼っていきます。

これならマスキングテープを剥がしても糊面が壁に付かず綺麗に剥がす事ができます。

先ほど作ったベニヤを壁に貼りつけてみます!

ただこれだけでは普通の板壁ですので、さらに。

 

■元はピアノを置いていた壁が、おしゃれで雑貨が栄える場所に変身!

我が家では、腰壁らしく上部にモールディングを使いアクセントを入れてみました。

このモールディングは両サイドと真ん中を細釘を使い固定させ、ベニヤと壁との接着をさらに強化してくれています!

それでは完成をご覧ください。

我が家は築35年の団地! しかもここは和室!

お世辞にも綺麗とは言えない壁からのベニヤリメイクで、部屋の印象がガラリと変わりました。

業者さんに腰壁にしてもらうと何万円と費用がかかります。

ローコストでこんなに変身できるのが、DIYの特権!

 

それでは最後にビフォーアフターをご覧ください。

Before

After

元はピアノを置き殺風景だった壁が、腰壁にした事で印象が変わり雑貨が栄える部屋に大変身!

 

いかがでしたか?

ここが元和室だったとは思えないくらいの仕上がりになりました。

でもやはり飽き性な私……。何年もそのままでは飽きてきてしまうもの。

そんな時は、このように白から黒に塗り替え、ステンシルをし雰囲気を変えてみました!

これが現在の写真です。

また黒に飽きたら、次は何色に変えようかな……。

なんて、こんな事ができるのはDIYで作ったからこそできる事!

皆さんもこのように簡単に部屋の雰囲気を変えてみてはいかがでしょうか。