【プロ直伝】これでキズ知らず!水回りの「クリームクレンザー」正しい使い方

【プロ直伝】これでキズ知らず!水回りの「クリームクレンザー」正しい使い方

毎日使う台所などの水回りの掃除で定期的にやっておきたいのが、クリームクレンザーを使った汚れ取り。

クレンザーといえば、「あの粒子がシンクを傷つけるのではないか?」と心配している人もいますが、クレンザーを選ぶポイントとスポンジの使い方を知っておけば、シンクにダメージも与えず汚れが取れます!

そこで、実際にプロの方から教えて頂いた、我が家も実践しているクリームクレンザーの選び方と使い方のポイントをご紹介しましょう。

 

■シンクの劣化も?「クリームクレンザー」での掃除は難しい……!

【プロ直伝】これでキズ知らず!水回りの「クリームクレンザー」正しい使い方

Flatpit / PIXTA

台所のシンクや洗面所の水回りは毎日使うもの。

汚れが蓄積すると取れにくくなるのも、水回りの大きな特徴です。

きれいを保つためには普段の液体洗剤でなく、クリームクレンザーを使う人もいると思いますが、選んだアイテムによっては必要以上にシンクが削れてしまい、劣化の恐れもあるんですよ。

 

■クリームクレンザーの「研磨率」に注目!

ドラッグストアやホームセンターで扱っているクリームクレンザーですが、裏面の成分表示「研磨材」(※画像を参照)を必ず確認しましょう。

【プロ直伝】これでキズ知らず!水回りの「クリームクレンザー」正しい使い方

裏面を確認しましょう!

研磨材の率が低いほど粒子も細かく、表面もあまり削れませんが、研磨率が高いと粒子が粗くなり、肝心な部分まで削れます。

人が毎日使い、目にする水回りには研磨率が低いものを選びましょう。

プロの方から教えて頂いた、水回り用クレンザーのベストな数値は「20%」

ゴシゴシしなければ、後の細かい傷も肉眼では目立ちません。

クリームクレンザーには研磨率50%以上というアイテムもありますが、水回りに使うと傷が目立つ可能性もあります。

そういったものは、玄関のタイルなどの汚れ取りに使うことをおすすめします。

 

■クレンザーを、直接スポンジにつけないで!

【プロ直伝】これでキズ知らず!水回りの「クリームクレンザー」正しい使い方

同量のクレンザーをラップで覆っているものとそうでないものの比較です。ピンクのスポンジはすき間にクレンザーの粒子が入り込んでいるのがわかります。緑はラップに覆われているスポンジです。

クレンザーを使う際のスポンジにも注意をしましょう。

お皿などを洗う感覚で、クリームクレンザーをスポンジにつけると、スポンジの細かいすき間に研磨剤の粒子が入り込んでしまいます。

きれいにしようとしてもなかなかきれいな状態に蘇らず、仕上がりも時間がかかります。

また、スポンジに粒子が入り込んでしまうので、その後に同じスポンジを使うと皿や鍋を洗うと傷をつけてしまいます。

 

■ラップでスポンジを包めば、掃除がスムーズに!

クリームクレンザーをスポンジに直付けすると、スポンジに粒子が入り込み、掃除が大変。

【プロ直伝】これでキズ知らず!水回りの「クリームクレンザー」正しい使い方

(1)スポンジを覆うようにラップを被せます。

そんな時は、普段のスポンジに台所で使うラップを覆います。

【プロ直伝】これでキズ知らず!水回りの「クリームクレンザー」正しい使い方

(2)ラップに覆われたスポンジです。

この作業を行うと、スポンジにクレンザーの粒子も入らず、無駄がありません。

また、スポンジの面積が広いので、洗いムラもなく、短い時間でキレイな仕上がりになります!

実際に「ラップをしているスポンジ(緑)」と「通常のスポンジ(ピンク)」でシンクをクレンザーで洗ってみました!

※汚れの落ち具合がわかるよう、シンクにはマスカラと口紅を塗っています。

【プロ直伝】これでキズ知らず!水回りの「クリームクレンザー」正しい使い方

ラップで覆っているスポンジ(緑)と覆っていないスポンジ(ピンク)を使って、クレンザーで45秒間汚れを落としましたが、明らかにラップで覆っているスポンジの汚れの落ちが抜群です。

 

■クリームクレンザーの注意点

【プロ直伝】これでキズ知らず!水回りの「クリームクレンザー」正しい使い方

kaka / PIXTA

一つの場所に集中してゴシゴシ洗ってしまうと、仕上がりにムラが出てしまいます。

円を描くように洗いましょう。

電気をつけたり、消したりして、掃除の途中に汚れの度合いをチェックしましょう。

水回りの資材によってはクリームクレンザーの使用が不可の場合もあります。

特に新築や賃貸の水回りの場合は、事前に確認しましょう。

 

■掃除の仕上げは「撥水スプレー」でキレイを保つ!

クリームクレンザーでの水周りの掃除は必要ですが、汚れを回避し、クリームクレンザーの掃除の回数を減らすには、掃除の仕上げに撥水スプレーをふりかけてみましょう。

私自身もスポンジにラップをまいた状態で研磨率20%のクリームクレンザーを使って掃除をしていますが、時間もあまりかけずに汚れが取れました。

 

普段のスポンジにラップをまくだけなので、皆さんも試してみてはいかがでしょうか。