10分でできる!100均グッズで作れる超カンタン秋色「カルトナージュ」に挑戦

IMG_0502

厚紙を組み立てて作るのが基本のカルトナージュ。

ですが、プラスチックケースを厚紙に見立てて、布を貼りつけて作ることもできます。

今回は100均で手に入るプラスチックケースと秋らしいタータンチェックの布地で、鉛筆立てを作ってみましょう。

厚紙を切って、組み立てる必要がない分、10分程度で完成します。

前回もご紹介した福木文咲恵さんに教えていただきました。

 

■タータンチェックの鉛筆立ての作り方

<材料>

IMG_0481

・プラスチックケース

・布(プラスチックケースのサイズに合わせて切っておく)

・リボン3本(プラスチックケースの上部分とした部分のサイズに合わせて切っておく。飾り用のリボンも用意)

・木工用ボンド

・刷毛

作り方

(1)ケースにボンドを塗る

IMG_0485

一気に全体に塗るのではなく、すこしずつ塗ります。

(2)刷毛でのばす

IMG_0486

ボンドを刷毛でのばしてなめらかにします。

(3)布を貼る

IMG_0487

ボンドを塗った部分に布を貼ります。

その後、またボンドを少しずつ塗って布を貼る、を繰り返します。

(4)最後は内側に折り込んで貼る

IMG_0489

最後まで布が貼れたら、端の部分は内側に折り込んで、切れ端が見えないようにしてからボンドで貼ります。

(5)リボンにボンドを塗る。

IMG_0494

ケースの上と下に貼るリボンにボンドを塗って、刷毛で伸ばします。

(6)ケースの上と下の部分にリボンを貼る。

IMG_0498

(7)飾り用のリボンを作る

IMG_0500

残りのリボンを結び、飾り用のリボンを作ります。

 

(8)リボンを貼り付けて完成。IMG_0504

好きな位置にリボンをボンドで貼って、完成。

余力があれば、内側にも布地を貼ると、100均グッズとは思えないほど高級感がアップします。

 

いかがでしたか?

今回はプラスチックケースを使いましたが、厚紙を組み立てて作ってももちろんOK。

 「ハロウィン、クリスマス、お正月など、イベントシーズンに合わせた布で作品を作ると、お部屋の中で季節感を表現できます。

カルトナージュの小物でお部屋を模様替えしたり、イメージチェンジするのもいいでしょう」(福木さん)

まずは、簡単にできる作品から挑戦して、カルトナージュの楽しさを体験してみてください。