毎日じゃなくてOK!ちょうどいい掃除頻度と「掃除を楽にする」アイデアとは

毎日じゃなくてOK!ちょうどいい掃除頻度と「掃除を楽にする」アイデアとは

Graphs / PIXTA

忙しい毎日を送る女性にとって、毎日のお掃除はかなりの重労働。

掃除機をかけるにしろ、新聞や雑誌などの雑多な物があちこちに散らばっていては、スキマ時間でササッとキレイにすることができません。

そこで、毎日をスッキリと気持ち良く送れる掃除頻度についてと、毎日の掃除を楽にする収納法についてのお話をしていこうと思います。

 

■毎日じゃなくてOK!最適な「掃除の頻度」ってどれくらい?

家族が集う場所であるリビングに掃除機をかける頻度は、3~4日に1回程度がベスト。

キッチンでは、水しぶきや油汚れはすぐに拭き取る必要がありますが、洗剤を使用した掃除は週に1、2回程度行えばOK。

トイレや玄関も同頻度で問題ありません。

毎日やったほうがいいのは洗面所と浴室です。

毎日じゃなくてOK!ちょうどいい掃除頻度と「掃除を楽にする」アイデアとは

わたなべ りょう / PIXTA

空気がこもりやすく、湿気や石鹸かすでカビが繁殖しやすいため、ササっとで構いませんので出来るだけ頻繁に掃除をするようにしましょう。

このように、改めて確認していくと、毎日やらなければならない場所というのはほとんどないんですね。

 

■超カンタン!「使ったら戻す」の定位置管理で快適な住まいに

掃除機をかけるときに、床に転がった雑多な物を片付けるという人は結構多いと思います。

しかし毎日かける必要がないとなると、床に物が散らばりっぱなしの状態にならないとも限りません。

そこでおすすめしたいのが「定位置」管理。

これは筆者が整理収納アドバイザー2級資格取得時に目からウロコだった収納方法なんです。

 

<元に戻しやすい収納法=定位置管理>

毎日じゃなくてOK!ちょうどいい掃除頻度と「掃除を楽にする」アイデアとは

やり方は単純かつ簡単。

というのも、家族の誰もがわかるようにマーキングをして「戻す位置を明確に示す」だけでOKだからなんです。

戻さなくてもそこまでかさ張らない(邪魔にならない)小物類ほど、ついつい出しっぱなしにしてしまいがち。

写真のように定位置を決めてしまうことで「使ったら戻す」が徹底されます。

毎日じゃなくてOK!ちょうどいい掃除頻度と「掃除を楽にする」アイデアとは

これ、ズレていると結構気になるんです!

実は“片付けると使いにくくなる”という思考が、出しっぱなしにしてしまう1番の原因。

その思考を“片付けてもすぐに使える”へと変えることで、日々の生活がぐっと快適になるということですね!

 

いかがでしたか?

難しい工程は一切ないので、ぜひ一度やってみてください!

きっと快適な住まいになるはずですよ~!