ちょいイラ撃退!100均で「コンタクトレンズ」を使いやすくしよう

IMGP3887

突然ですが、あなたは“コンタクトレンズ”つけていますか?

鏡を見ながら装着するので、交換用のコンタクトレンズは洗面台に置いてある、という人も多いのではないでしょうか。

筆者も、すぐに使えるよう洗面台下に収納しているのですが、以前は、購入時の箱のままポイと置いただけ。

濡れた手で触れられなかったり、取り出すたびに「どっちが右用だったっけ?」と、その都度確認しなければならなく、2週間に1度のコンタクトレンズ交換が、ひそかに億劫な作業となっていました……。

定期的に使うものこそ、ストレスゼロの使いやすい収納にしておきたいもの。そしてその収納方法がお安く実現できれば、これ以上嬉しいことはないですよね。

でも今の収納方法に変えてから、取り出しやすさ、使いやすさともに一気に向上!

そこで、今回は我が家で実践中の、100円グッズを使った出し入れ快適なコンタクトレンズ収納についてご紹介します。

 

■スキマも見逃さない!100均「組み合わせ」収納

IMGP3875

コンタクトレンズを保存しているのは、洗面台の下の戸棚。

IMGP3870

洗面台下最上段、実はこんな狭いところにコンタクトレンズが潜んでいます。

IMGP3837

100円ショップのプラケースに、同じく100円ショップの仕切り板を組み合わせて、トータル200円でコンタクトレンズを左右に分けて収納しています。

たったこれだけで、コンタクトレンズを左右に分けて収納し、さらには予備のレンズケースも一緒に収納できるので、コンタクト交換時に「ケースも交換したいけど、どこやったかな?」ということもありません。

また、こんな風に在庫数が一目でわかるので、減ってきたときの補充タイミングがわかりやすいという利点もあります。

さらに、プラケースを使用することで、濡れた手で触れられ、洗面所という場所でも抵抗無く使えます。

IMGP3887

定期的に使うものは、取り出しやすく仕舞いやすい、そして、収納場所にあった素材の収納グッズを使うことで、ストレスフリーな収納が実現できます。

 

100円ショップの膨大な商品、単体で使うのはもちろん、こんな風に組み合わせて使えば、身近な便利収納グッズとして大活躍間違いなし! 毎日の小さな使い勝手を向上させていくことで、暮らしやすい収納を目指しませんか?