不思議な形の「デキャンタ」には、もう1つの意味が…!?【Editor’s セレクション】

 

暮らしを豊かにするために欠かせないのが、インテリアや愛すべき雑貨たち。

このシリーズでは、「Editor’s セレクション」と称して、曜日毎に違ったアイテムで、編集部がグッと来たアイテムやブランドをご紹介していきます。

日曜日は【食器編】!

今回は、面白い形をしたデキャンタをご紹介します。

 

■鶏をモチーフにした、不思議な形の「デキャンタ」

不思議な形の「デキャンタ」には、もう1つの意味が…!?

この、鳥のようにも見える、不思議な形のデキャンタ「アヤム」。

インドネシア原産の希少な鶏(アヤム・セマニ)に着想を得てデザインされたそうで、型を一切使わず、空中で形を整えるフリー・ブロウン(宙吹き)という技術で成形しているのだとか。

幅のある注ぎ口は、さらに幅の広い底部へとつながり、ワインを十分に空気に触れさせられる仕組み。

不思議な形の「デキャンタ」には、もう1つの意味が…!?

ワインだけでなく、フレーバーウォーターなどを入れても良さそうですね。

 

■狭いテーブルにも威力を発揮!

このデキャンタは、それだけではありません。

不思議な形の「デキャンタ」には、もう1つの意味が…!?

持ち手部分をテーブルの端に、引っ掛けることだってできちゃうんです!

特にパーティー時などは、大皿の料理がたくさんテーブルに並び、ドリンクが置けない……なんてことも。

“引っ掛ける”ことで、狭いテーブルスペースを有効活用できそうです。

 

おっちょこちょいな筆者は、落としてしまわないか不安になりそうですが、おもてなしシーンを存分に盛り上げてくれそうなこのアイテム、ぜひチェックしてみてはいかがですか?

 

【アヤム】

■色:アヤム/アヤム ブラック/アヤム ホワイト
■金額:58,320円(税込)

 

【参考】

リーデル公式オンラインショップ

テーブルに掛けられる、鶏をモチーフにした画期的なデカンタが登場 – RSN Japan株式会社