初心者にこそおススメ!無印良品のシンプルすぎる「家計簿」が使いやすいワケとは…

初心者にこそおススメ!無印良品のシンプルすぎる「家計簿」が使いやすいワケとは…

無印良品のアイテムに「家計簿」があること、ご存知ですか?

見た目だけでなく、中身もとってもシンプルな無印良品の「家計簿」。

実はこちらのアイテム、家計簿初心者さんにとってもおススメなんです。

今回は、おススメの理由をご紹介いたします。

 

■シンプルすぎる!? それが逆に使いやすい!

こちらの家計簿、中身を見てみると……。

初心者にこそおススメ!無印良品のシンプルすぎる「家計簿」が使いやすいワケとは…

左ページは「収入・支出・残高・明細」。

初心者にこそおススメ!無印良品のシンプルすぎる「家計簿」が使いやすいワケとは…

右ページの勘定項目欄に至ってはなんと「食費」のみ。

日々、細かく家計簿をつけている方が見ると、シンプルすぎて衝撃を受けるかもしれませんが、この“シンプルさ”は、家計簿を初めてつける方や、細かく家計簿をつけるのが性格に合わない人、そしてざっくり出て行くお金を把握したい人にぴったりなんです。

もちろん、項目欄は自分で記入が可能なので、細かく項目を設けたい方もキチンと活用できますよ。

 

■自分で進化させていく家計簿なんです!

実は、筆者はこちらの家計簿を使い始めて約7ヶ月という家計簿初心者。

以前はスマートフォンのアプリで家計簿をつけていたのですが、入力し忘れが多く、家計簿はやはり“自分で書いて、記録する”ことが一番と実感しています。

そんなときに使ってみた無印良品の家計簿。

筆者の場合は、まずは毎月”食費と日用品”にいくら費やしているのかをキチンと把握したかったのでこの家計簿がぴったり。

初心者にこそおススメ!無印良品のシンプルすぎる「家計簿」が使いやすいワケとは…

このように2つの項目の記録をつけていくだけなので、ストレスなく続けられました。

初心者にこそおススメ!無印良品のシンプルすぎる「家計簿」が使いやすいワケとは…

よって最初の2、3ヶ月は右ページの項目部分を記入するのみ。

とっても簡単ですよね。

初心者にこそおススメ!無印良品のシンプルすぎる「家計簿」が使いやすいワケとは…

食費、日用品の大体のお金の流れが分かってきた現在は、目標予算を決め、これ以上は超えないようにしよう!という目標を立てています。

 

筆者宅では、教育費、光熱費や通信費、交通費などの諸費用が毎月ほぼ同額なので、それらを思い切って省き、項目を極力シンプルに“食品と日用品”に絞っています。

しかし、今後記録していくにあたって、項目の追加をしていく予定です。

項目を自由に定められる無印良品の家計簿は、シンプルすぎる分融通が利くので本当に感動します!

また、税込100円という安さと、一般の家計簿のように場所を取らない薄いノートというのもとっても魅力的です。

 

いかがでしたか?

家計簿をいざつけてみようと思っても、最初から頑張りすぎていつのまにか放置してしまったという経験をお持ちの方も多いはず。

無印良品の「家計簿」は形にとらわれず、自分に合った使い方で記録することが可能です。

この機会に、あなただけの家計簿をつくってみてはいかがでしょうか?

 

【参考】

無印良品