自由化で電力会社を変更したのはたったの6%!それでも乗り換えた方がいい理由

自由化で電力会社を変更したのはたったの6%!それでも乗り換えた方がいい理由

ABC / PIXTA

2016年4月から始まった「電力小売自由化」。

みなさんは電力会社の乗り換えはされましたか?

全国の主婦46,109名を対象としたある調査によると、「電力自由化」自体は97%が知っているにもかかわらず、実際に電力会社を変更した家庭はなんと6%しかいないそう。

開始から約半年が経過した今、多くの事業者が参入し、市場競争が活発化しています。

各家庭が電気の購入先を自由に選べる……という所までは知っていても、「どれ位安くなるの?」「どうやって変更するの?」「どこに乗り換えたらいいの?」など、まだまだ掴みきれない印象です。

今回は、実際に電力自由化で電力会社を変更した家庭の、「決め手」「会社の選び方」「実際どれだけ安くなるのか」を見ていきましょう!

 

■認知度は高い!でも乗り換えは「面倒」だし「必要ない」?

まずは、「電力自由化がどれだけ浸透しているのか?」というところから見ていきましょう。

「電力自由化について知っているか」については、主婦の97%が「内容を知っている」、また「聞いたことがある」と回答し、ほぼ全員が認知していることがわかりました。

自由化で電力会社を変更したのはたったの6%!それでも乗り換えた方がいい理由
これは、2016年1月に実施した、前回の電力自由化に関する意識調査の結果(85%)より12ポイントも増えており、実際に電力自由化が開始してから確実に認知が広まったことがうかがえます。

自由化で電力会社を変更したのはたったの6%!それでも乗り換えた方がいい理由

ところが、実際に変更したのは、たったの6%の家庭のみ!

ほとんどの家庭(92%)が電力会社を変更しておらず、電力会社の乗り換えは進んでいないのが実態のようです。

変更していない理由としては「各社プラン・サービスの比較が面倒」が28%と最も多く、次いで「必要性を感じない」(25%)と続き、電力会社の見直し自体を行わない家庭が多いことがわかりました。

「その他」の理由としては、「入居している集合住宅が一括契約している」という回答も多く、住居形態によって変更できない場合もあることが見受けられます。

自由化で電力会社を変更したのはたったの6%!それでも乗り換えた方がいい理由

また今後の変更についても「しばらくは検討するつもりがない」という回答が82%と圧倒的多数で、主婦は電力会社の見直しにはまだ消極的もしくは無関心なのかもしれません。

……が! いやいや、それではもったいない!と言える理由があるんです。

ここからは、実際に「電力会社を乗り換えた」主婦のご意見を伺いましょう。

 

■電力会社を乗り換えた主婦に聞きました!電力会社を選ぶ決め手はやっぱり○○

「電力会社を選ぶ決め手」は、1位が「電気料金が安い」(48%)、2位が「セット割引がある」(33%)、3位が「ポイントがたまる」(17%)という結果に。

家計の節約に直結するかどうかを決め手とした主婦が大多数です。

自由化で電力会社を変更したのはたったの6%!それでも乗り換えた方がいい理由

そして、変更した電力会社は、「通信会社」(39%)、「ガス会社」(26%)、「エネルギー会社」(11%)などの生活に密着したインフラ企業が多く、安定感・信頼感が会社選びのポイントのようです。

また自由回答では、通信会社は「ポイントが貯められる」、ガス会社は「ガス料金とのセット割引が受けられる」など、安心感以外のお得も享受できることが重要であると考えられます。

 

■乗り換えた主婦の3割が安さを実感、年間約12,000円の節約に!

さて、やっぱり一番気になるのは「結局いくら安くなるの?」というところです。

電力会社を変更した主婦のうち約3割の主婦が、電気代が「安くなったと実感」していることがわかりました。

しかしながら「わからない」(49%)、「変わらない」(21%)の回答が大半を占め、まだ節約はできていないと感じているのが実のところのようです。

自由化で電力会社を変更したのはたったの6%!それでも乗り換えた方がいい理由
また、電気代が「安くなったと実感している」主婦に、昨年同月と比較し、月額の電気料金がどれくらい安くなったかを聞いたところ、「500~1,000円未満」(32%)が最多で、次いで「1,000~1,500円未満」(17%)と続き、年間約12,000円前後の節約になることが判明しました!

ちょっとの額でも、毎月、毎年と積み重なれば大きな額になりますよね。

 

■浮いたお金で温泉旅行も夢じゃない。来年の「ガス自由化」も要チェック

自由化で電力会社を変更したのはたったの6%!それでも乗り換えた方がいい理由

Graphs / PIXTA

我が家ではネット回線の契約時に、一緒に電力の契約を持ちかけてもらえましたが、残念ながら電力は集合住宅の一括契約のため変更できませんでした。

浮いた12,000円があれば、ちょっと良い温泉旅館でゆったり食事したり温泉につかったり、なんてことも出来るのに……。

また2017年4月には、「ガス小売自由化」も開始します。

こちらの認知度はまだ3割程度しかありませんが、これからどんどん情報が出てくるはずです。

 

いかがでしたか。

いま使っているネット回線や携帯会社、生協、コンビニや鉄道会社といった身近な会社も手がけているので、電力やガスの一括契約などの制約のないご家庭は、ぜひ積極的に検討してみて下さい。

(オカダヒロタケ)

 

【参考】

電気金に関する意識調査:お得より堅実性を重視!電力会社を変更したのはたったの6%だけ!