キッチン、リビング、冷蔵庫…どんな場所でも大活躍!無印「整理ボックス」使用例3つ

キッチン、リビング、冷蔵庫…どんな場所でも大活躍!無印「整理ボックス」使用例3つ

シンプルなデザインと清潔感のある素材で人気の高い無印良品の「ポリプロピレン整理ボックス」。

筆者宅でも長年愛用している定番の収納グッズです。

ひとたび使い始めるといろいろな場所で使ってみたくなるほど、使い勝手のいい魅力的なアイテム。

今回は筆者宅のさまざまな場所での使用例をご紹介します。

 

■使用例1:キッチンで、箸、型抜きなど、細々したものをスッキリ収納!

キッチン、リビング、冷蔵庫…どんな場所でも大活躍!無印「整理ボックス」使用例3つ

筆者宅では、キッチン背面の引き出しに「整理ボックス1」と「整理ボックス2」を使ってカトラリーやお箸置き、お弁当用の型抜きなどを収納しています。

整理ボックスは、シリーズでモジュールを統一しているので、組み合わせたときに見た目がすっきりとします。

買い足しながら、使いやすいキッチン収納にカスタマイズ出来るところが魅力ですね。

 

■使用例2:リビングで、宅配便の受け取り、印鑑、子どもの文房具などを一目でわかるように収納!

キッチン、リビング、冷蔵庫…どんな場所でも大活躍!無印「整理ボックス」使用例3つ

リビング収納の引き出しでも、整理ボックスを使って文房具を収納しています。

引き出しを開けると一目瞭然なので、探す事なく使いたいものをサッと取り出すことが出来ます。

宅配便の受け取りや学校の提出物など、意外と出番の多い印鑑もこの整理ボックスの中に。

場所を決めてしまうと「使いたいときに限って出てこない」という探し物のプチストレスからも解放されます。

キッチン、リビング、冷蔵庫…どんな場所でも大活躍!無印「整理ボックス」使用例3つ

また、子どもたちが使うえんぴつやペンも整理ボックスに収納して、上から見てすぐに取り出せるようにしています。

その場合、ラベルライターを使って「えんぴつ」「ペン」といったラベル付けをしています。

 

■使用例3:冷蔵庫内で使用すると賞味期限切れの心配が回避。「ココット皿」も3個収まるスグレモノ!

キッチン、リビング、冷蔵庫…どんな場所でも大活躍!無印「整理ボックス」使用例3つ

筆者宅では、冷蔵庫内の収納にも整理ボックスを使用しています。

冷蔵庫の奥の方に置いたものは、購入した事を忘れて賞味期限が切れてしまったなんて事も起こりがちです。

しかし、整理ボックスを冷蔵庫内で使うようになってから、奥のものも取り出しやすくなったため、うっかり忘れるという事がなくなりました。

また、直径約7.5cmの「ココット皿」が整理ボックスに3個ぴったり収まります。

なので筆者宅では、毎朝、瓶から移したジャムや切り分けたバターを入れて、朝食セットとしても使っています。

 

いかがでしたか?

ちなみに整理ボックスシリーズは、このほかにもサイズの異なる「整理ボックス3」「整理ボックス4」があります。

用途に合わせて組み合わせが可能なので使いやすい自分仕様の収納が実現します。

引き出しの中や冷蔵庫の中をスッキリさせたいとお考えの方は、ぜひお試しくださいね。