身体がずっとポカポカ!「寒い朝」に適した朝食ってどんな朝食?

身体がずっとポカポカ!「寒い朝」に適した朝食ってどんな朝食?

よっしー / PIXTA

少しずつ朝が冷える季節になってきましたね。

これから、刻々と気温が変化し、朝夕の冷えが強くなってきます。

とくに朝食は、寝ている間に低くなった体温を上げて、“活動のスイッチ”をONにしてくれるため、欠かさず摂りたいものです。

そんな時に便利なのが、温かいスープ。

しかし、具材によって体温の上がり方に違いがあるって知っていましたか?

 

■寒い朝に、体を温めてくれるスープ

身体がずっとポカポカ!「寒い朝」に適した朝食ってどんな朝食?

被験者に、豆・雑穀・野菜の「具だくさんスープ」「具無しのスープ」「コンソメスープ」を飲んでもらい、サーモグラフィで体の温度を測定。

すると、具だくさんスープを飲んだ場合、30分後から上半身だけでなく、末梢の指先までじわじわと温まりはじめ、その温め効果は120分後も持続することがわかったそう。

 

■どうしてスープによって温まり方が違うのか?

身体がずっとポカポカ!「寒い朝」に適した朝食ってどんな朝食?

OMI / PIXTA

しかし、スープの種類によってどうしてこうも、温まり方に差が出てしまったのでしょうか?

実験を監修した松生 恒夫先生(松生クリニック院長・医学博士)は、そのヒミツに、咀嚼による効果や、食物繊維によって消化吸収がゆっくり進むこと、また、具材による保温効果などが関係していると考察しています。

また、豆、雑穀、野菜に含まれる食物繊維には、水溶性と不溶性の食物繊維両方が入っており、それらを両方を摂ることで、腸内環境を整える効果も。

 

■市販のスープに、+1!

しかし、朝から具だくさんのスープを作るのって、大変だし面倒。

そんな時は、市販のスープに食物繊維をプラスすると便利ですよ。

身体がずっとポカポカ!「寒い朝」に適した朝食ってどんな朝食?

MIKO / PIXTA

たとえば、水で戻す必要がなく、温かいスープに入れるだけで使える糸寒天や春雨などは、食べ応えもUPするので、常備しておきたいアイテム。

また、冷凍の野菜などは、カットする必要もなく、季節や天候に左右されず年間を通して安価なので、まとめて買って使いたい時に足せます。

ゴロゴロと大きめな野菜は、咀嚼回数が上がるので身体も温まりやすいですね。

 

寒い朝は、ギリギリまで寝ていたくなりますし、食欲もなくなりがち。

そんな朝は、温かい具だくさんのスープで乗り切ってみませんか?

 

【参考】

10月1日は「食物せんいの日」 寒い時期の朝食に適したスープとは? 3種類のスープの効果を比較検証  豆・雑穀・野菜の食物繊維入り具だくさんスープ 摂取120分後も末梢まで温め・保温効果が持続 – 腸温活プロジェクト