12月の大掃除は大変!11月までにやっておくべき理由とは?

12月になってからだと大変!「大掃除は11月まで」にやっておくべき理由とは?

Graphs / PIXTA

年末の大掃除は、何といっても寒いのが最大のネック。

掃除したくても、あまりに寒くて掃除する気にもならないかと思います。

そんなお悩みを解消すべく、大掃除シーズン前にやっておきたい、おすすめの住まいの掃除についてご紹介します!

 

■大掃除シーズン前に家の中を掃除するメリットは?

12月になってからだと大変!「大掃除は11月まで」にやっておくべき理由とは?

kaz / PIXTA

12月に入る前に大掃除を始めるメリットは次の3点です。

(1)日中の気温と天候

11月くらいまでは晴れていると日中もあまり寒くないので、「掃除しよう」というアクションにつながる。

 

(2)スケジュールが組みやすい

12月は大掃除以外にも用事が多くなりがちなので、12月より忙しくない11月に住まいの一部の掃除を行うと良い。

 

(3)手が荒れにくい

寒いと水回りの掃除で手荒れが悪化するので、11月までに行うと手荒れもさほどひどくならない。

 

天候や体の負担を考えると、早いタイミングで大掃除に着手した方が良いということがわかりますね!

次の項目は大掃除シーズン前の掃除についてまとめていきます。

 

■玄関・外窓&外壁は気持ちの良い晴れた日に!

12月になってからだと大変!「大掃除は11月まで」にやっておくべき理由とは?

HAKU / PIXTA

家の中でもわりと寒さを感じる玄関、そして、寒いと掃除が面倒になる外窓や外壁は、気持ち良い晴れの日に掃除することをおすすめします。

 

・玄関

12月になってからだと大変!「大掃除は11月まで」にやっておくべき理由とは?

玄関の掃除は専用のスポンジだけでなく、デッキブラシ・使い古した歯ブラシでこするだけでも汚れが取れる場所なので、掃除もいたってシンプルです。

12月になってからだと大変!「大掃除は11月まで」にやっておくべき理由とは?

わが家では、シューズクローゼットは靴を置いているボードに消臭シートを張るだけ。

事前にシートをサイズに合わせて切っておくと、1時間以内で掃除と整理が済みますよ。

靴用の収納ボックスも100均や通販などで扱っているので、オフシーズンの靴やサンダルをまとめておくと見栄えも良くなります。

 

・外窓&外壁

12月になってからだと大変!「大掃除は11月まで」にやっておくべき理由とは?

外窓は網戸にスポンジを、窓にマイクロファイバークロスを使って仕上げるとかなり汚れも取れ、見違えるほどきれいに仕上がります。

伸縮性のワイパーや脚立があるとストレスフリーで掃除も進みます!

 

■キッチン掃除のメインともいうべき換気扇こそ早めに!

11月に済ませると良い、キッチンの箇所の掃除について、ご紹介します。

・換気扇

12月になってからだと大変!「大掃除は11月まで」にやっておくべき理由とは?

換気扇に張り付いた油は気温が低いと、固まってしまい、何度もお湯で洗う手間がかかり、非効率。

そのため、11月の寒さをあまり感じない日に掃除をすると、汚れも比較的早く取れ、時短になります。

使い古した歯ブラシは換気扇掃除の必須アイテムなので、2本くらい揃えておきましょう。

 

・冷蔵庫の中身とキッチンの引き出し

12月になってからだと大変!「大掃除は11月まで」にやっておくべき理由とは?

フローリングの掃除と違い、単純なようで細かい作業です。

わが家では、中身を出して拭き掃除をし、引き出しのサイズに合わせてマットを切り取り、きれいにハメています。

やるべきことが多い年末の大掃除に細かい作業も加わると心身ともに疲れるので、11月の終わりまでに地道にやっていきたいものですね。

 

いかがでしたか?

今回記事でご紹介した掃除する箇所は年末になると少し汚れますが、すでに大掃除済みなので、簡単な掃除で終わるのがポイントです。

玄関・外窓&外壁、キッチンは早めに大掃除を行い、心に余裕を持ちましょう!