家にあるものでスッキリ解決!タイプ別「洋服のシミ取り」テクニック

家にあるものでスッキリ解決!タイプ別「洋服のシミ取り」テクニック

asu0307 / PIXTA

小さい子どものいるお母さん、子どもが幼稚園や小学校から帰ってきた時に「あーまたシミつけて帰ってきたー!」ということありませんか?

子どもは食べ物や飲み物の他にも、絵具やマーカーなどのシミをつけてしまうこともありますよね。

そんな、洋服についてしまった色々なシミ……皆さんどのように対処していますか?

漂白剤だったり食器用洗剤だったりと、シミの内容によって1番最適なシミとりアイテムは違います。

是非知っておきたい洋服のシミとりテクニックをいくつかご紹介しましょう。

 

■大人もやりがち!ケチャップやトマトソースのシミはまず裏側から水で流して

家にあるものでスッキリ解決!タイプ別「洋服のシミ取り」テクニック

freeangle / PIXTA

大人もたまにつけてしまうことのある、トマトケチャップやトマトソースのシミ。

まずソースが繊維の奥まで入るのを防ぐためにシミの裏側から水を流しましょう。

それから洗濯用洗剤を歯ブラシにつけやさしくシミ部分をこすります。

その後で漂白剤、もしくは白ビネガーを部分につけて水で洗い流します。

しばらく水につけた後で普通に洗濯しましょう。

 

■油性マーカーのシミには、意外なものが役に立つ!

家にあるものでスッキリ解決!タイプ別「洋服のシミ取り」テクニック

rachel / PIXTA

油性マーカーのシミ取り方法は3つあります。

(1)アルコールベースのヘアスプレーを使う

ヘアスプレーをかけてしばらくおいた後で、ペーパータオルでトントンとふきとるだけです。

 

(2)アルコールを使う

ペーパータオルをテーブルに置いて、その上にシミのついた部分をペーパータオルにつける形で当てます。

アルコールを布につけて、シミの裏側をたたいてマーカーのシミをペーパータオルに移しましょう。

シミがとれるまでぺーパータオルをとりかえて続けてみましょう。

家にあるものでスッキリ解決!タイプ別「洋服のシミ取り」テクニック

子どもってすぐにシミをつくってしまいます。

家にあるものでスッキリ解決!タイプ別「洋服のシミ取り」テクニック

シミの裏側から、アルコールをたっぷり目につけた布でトントンと強くたたきます。

家にあるものでスッキリ解決!タイプ別「洋服のシミ取り」テクニック

1回でかなりペーパータオルにシミが移りました!

家にあるものでスッキリ解決!タイプ別「洋服のシミ取り」テクニック

2〜3回アルコールを足しながら繰り返すと、見事にシミが取れました!

 

(3)牛乳を使う

ボールに牛乳を入れてシミの部分をつけておきます。

インクが出てきて牛乳が黒っぽくなったら牛乳を取り替えます。

シミが取れるまで同じように繰り返しましょう。

 

■絵具のシミ

家にあるものでスッキリ解決!タイプ別「洋服のシミ取り」テクニック

Graphs / PIXTA

絵具にもヘアスプレーが使えます。

ヘアスプレーをシミの部分にたっぷりとかけて、シミを取れやすくし、数分待った後で歯ブラシに洗濯用洗剤を少々つけてやさしくこすります。

あとは普通にお洗濯しましょう。

 

■油のシミ

家にあるものでスッキリ解決!タイプ別「洋服のシミ取り」テクニック

YUZ / PIXTA

油のシミには食器用洗剤を使います。

食器用洗剤をたっぷりシミ部分につけて、ぬらした歯ブラシでやさしくこすります。

その後で、水もしくは白ビネガーでシミ部分を洗い流しましょう。

これを油がとれるまで続けたら、後は普通にお洗濯しましょう。

 

いかがでしたか?

著者も子どもの服のシミ取りはいつも苦労していますが、お母さん自身も油のシミやトマトソ-スはなど、料理中などに服にうっかりついてしまうこともありますよね。

大切なお洋服を長持ちさせるためにも、これらのシミ取りテクニック、ぜひ参考にしてみてください。