どうしたらソレっぽくなる?最近流行の「ブルックリンスタイル」特徴5つ

shutterstock_138657206

ちょっと前まで流行っていた北欧スタイルから、ここ1〜2年程でぐっと流行ってきているのが「ブルックリンスタイル」。

しかし正直言って、どんなスタイルが“ブルックリン”なのかよく分かってない、という人も多いのでは?

なんとなくカッコイイ気もするけど、どんな風にすれば“ブルックリンスタイル”になるのでしょうか?

そこで今回は、今年チャレンジしてみたい「ブルックリンスタイル」についてご紹介しましょう。

 

■「ブルックリン」ってどんな街?

アメリカ合衆国_-_Google_マップ

Google Map より

 

「ブルックリン」とは、ニューヨーク州の中にある5つの行政区の1つ、ブルックリン区のこと。

世界の中心地、NY州マンハッタン区とはイーストリバーを挟んで反対側。比較的所得の高い世帯の多いマンハッタンに比べて、家賃も安く、移民や労働者、そして新進気鋭のアーティストなどが集まり、マンハッタンとは違った独特の文化を形成していると言われています。

大人気の海外ドラマ「SEX AND THE CITY」でミランダが結婚後に引っ越した場所としても有名ですね。

 

■「ブルックリンスタイル」インテリアの特徴5つ

(1)「ビンテージ」なものが基本

shutterstock_85774888

家具の基本はビンテージ。新品らしいものはあまり好みません。以前ご紹介した「憧れの“ブルックリンスタイル”部屋づくり【基礎知識編】」でも、元々工事現場で使われている“足場板”が欠かせない、というお話をしましたね。

ソファなども、少しレトロな形のものや、ビンテージなものを選ぶと、それらしくなります。

 

(2)「ハンドメイドアイテム」で自分らしさ

工場で大量生産されたような綺麗な既成品よりも、“アーティスティックな街”ブルックリンには、自分らしさを表現できるハンドメイドアイテムがマッチ。

思い切ってDIYで取り組むなら「憧れの“ブルックリンスタイル”部屋づくり【実践編】」で、足場板を使った棚作りをご紹介していますよ。合わせてチェックしてみて。

 

(3)「レンガアイテム」で一気にブルックリン度UP!

shutterstock_272299544

倉庫を改装したカフェや、個性的なレストランなどが多く並ぶブルックリンには、レンガスタイルのアパートメントがたくさん。

レンガアイテムを取り入れると、グッとブルックリンっぽくなりますよ。

 

(4)明度は「抑えめ」に

shutterstock_270636530

白+ナチュラルカラーがメインの北欧スタイルに比べて、明度が低いアイテムが多いのがブルックリンスタイル。

黒やダークブラウンのアイテム、色味を足すなら、明度の低いものを選ぶように心がけると、全体が上手くまとまります。

 

(5)切り花よりも「観葉植物」

植物を飾るなら、華やかだけど日持ちのしない切り花よりも、長く楽しめる観葉植物のほうがブルックリンらしいですね。

全体的に部屋の色が落ち着いているので、鮮やかなグリーンは部屋を明るく見せてくれる効果もありますよ。

 

いかがでしたか? 最近では100均アイテムなどでもブルックリンスタイルのものが多く登場してきています。特徴さえつかめば、安くても楽しくブルックリンスタイルを味わえるはずですよ。ぜひチャレンジしてみてくださいね。