「引っ越しの挨拶品」ランキング1位は…実は不評!?

shutterstock_113674639

新しい街へ引っ越ししたら、荷解きなどももちろんですが、隣近所にも挨拶しておきたいところ。とくに分譲マンションや戸建て新築などは、その場所に長く住むことが予想されるので、最初の挨拶で相手に与える印象はとても大事ですよね。

そんな時に悩んでしまうのが、手土産は何にしたらいいのか、ということ。どのくらいの金額のものを用意したらいいの? 何を送ったら印象がいい?

そこで今回は『株式会社RJCリサーチ』が行った「引っ越し先への挨拶品ランキング」より、みんなが送っている挨拶品をご紹介しましょう。

 

■予算は、1世帯750円

周りの人たちはどのくらいの金額のものを用意しているのでしょうか? 同ランキングを見てみると、予算平均は1世帯750円。だいたい500〜1,000円のものを用意するのが一般的のようです。

1,000円以内で買えるものというと、どんなものがあるでしょうか?

 

■3位・・・洗剤

挨拶品第3位は洗剤。やはり“消え物”が人気のようです。とくに洗剤は引っ越し用のギフトセットなども各種用意されているので、楽ちんですよね。

しかし「普段使っている洗剤以外は使わないから要らない」という意見もチラホラ。あらかじめリサーチしておきづらいのが難点です。

 

■2位・・・お菓子

2位は、お菓子。洗剤に比べて人の好みが別れにくいので、より無難と言えるかもしれません。

お菓子を選ぶときは、焼き菓子やキャンディーなど、保存の効くものにするのが礼儀。間違っても生菓子などはNGです。「常識がない人」などと思われてしまいますよ。

 

■1位・・・タオル

堂々の1位はタオル。しかし、これが実は不評のよう。

<奇抜な柄のものは正直もらっても困る>

<開けずにそのままバザーに出してる>

などと、辛口な意見も。“定番品”なだけに、センスなども大きく問われそうです。

 

最近は引っ越しの挨拶をしないという人も増えていますが、「引っ越し時の●●で“ご近所トラブル”は無くせる!?」でもご紹介したように、最初の挨拶がのちのちの暮らしに役立つことも。

挨拶をするときは、ぜひこのランキングを参考にしてみてくださいね。

 

【参考】

引っ越し先への挨拶品ランキング – 株式会社RJCリサーチ