フランスで1番有名な日本人デュオ「レ・ロマネスク」TOBIさんこだわりのインテリアアイテムは?【すまいの話、しませんか】no.3

 

様々なジャンルで活躍する方をゲストに迎えて、“すまい”にまつわるお話を伺うこのシリーズ。

それぞれのライフスタイルの中で、「家に求めるもの」や「大切にしているもの」を深掘りしていきます。

第3回目は、2008年春夏のパリコレにもライブ出演、YouTube再生回数がフランスで1位を記録するなど、フランスでいちばん有名な日本人デュオ、「レ・ロマネスク」のメインボーカルのTOBIさん(写真左)が登場。

フランスで1番有名な日本人デュオ「レ・ロマネスク」TOBIさんこだわりのインテリアアイテムは?

ご自身もパリに住んでいた経験のあるTOBIさんに家やインテリアのこだわりについて、伺いました。

 

■パリでは築年数が100年、200年の物件が当たり前!?

フランスで1番有名な日本人デュオ「レ・ロマネスク」TOBIさんこだわりのインテリアアイテムは?

約10年間をパリで過ごした経験のあるTOBIさん。

パリのアパルトマンでの暮らしぶりを尋ねると、住宅事情はなかなか厳しいのだそうです。

物件が少ない上に、築年数が100年、200年なんていう部屋は当たり前。

特に配管が細くて古いために、水回りのトラブルは多いとか。

「家具付きの物件が多いですが、付いているインテリアで満足する人は少ないですね。

棚の色を塗り替えたり壁紙を貼り替えたり、ときには壁をぶち抜いたり、逆に壁をつくって2部屋にしたり……と、DIYのレベルを越えて、とにかく『自分らしい』部屋づくりにこだわっていました。」

 

■木に囲まれた田舎で育ったせいか、木の家具やフローリングがあまり好きじゃないんです(笑)

フランスで1番有名な日本人デュオ「レ・ロマネスク」TOBIさんこだわりのインテリアアイテムは?

広島県の比婆郡(現・庄原市)の出身というTOBIさん。

すごい田舎らしく、学校の教科書の“日本の過疎地”って項目に、自分の町が載っていて驚いたそう。

そんな自然に囲まれた環境で少年期を過ごしたTOBIさんは、周りにあまりにも木が多かったせいなのか、木がむき出しの家具やフローリングがあまり好きでなく、暖色系で無機質なインテリアの方が温もりを感じるのだとか。

そんな彼の理想の家は?

「こだわりの家をつくってみたいんですが、窓から見える風景がずっと同じだと飽きそうで。

目が覚めたら家ごと引越してた!みたいなことが1年おきくらいで起きる家がいいですね(笑)」

さずかTOBIさん!

ライブのパフォーマンスだけでなく、理想な家も独創的でした。

 

■派手なのにどれもオシャレ!TOBIさんのオシャレアイテム3つ

ピンクの衣装がトレードマークのTOBIさんの大事にしているインテリアアイテムとは?

選びに選んだ3つ紹介していただきました。

img_1203

ステージで頭の上に飾った小道具などを置いている場所。やたらにおめでたいことになってます!

img_4244

自宅の床にはタイルカーペットを敷き詰めているそう。

1枚ずつはがして洗えて便利だし、手軽に模様替えができるからだとか。

img_4252_2

お気に入りの素焼きの湯のみはTOBI さんの手づくり。

よく見るとヒゲのマーク入り!

 

11月4日(金)、11月5日(土)には、東京鴬谷キネマ倶楽部でツアーライブの最終公演「TOO MUCH TOUR 2016秋」を行うレ・ロマネスク。

お家やインテリア以上にこだわりまくりのパフォーマンスが展開されるライブを、ぜひ皆さんも一度、体感してみてくださいね!

 

【すまいの話、しませんか】

no.1 小倉優子さんの自宅に潜入!こだわりの「インテリアアイテム」とは?

no.2 スウェーデン生まれのLiLiCoさんが見つけた、家のこだわりとは?

 

撮影/灘波雄史

 

デュオ結成のいきさつやマル秘エピソードなどが満載。

「レ・ロマネスク OfficialGuide Book ジュテームのコリーダ」

扶桑社刊 本体1,700円+税

 

 

【取材協力】

レ・ロマネスク公式サイト