2人とも実家暮らしの現役OL!人気ラップユニット「カリスマドットコム」さんのこだわりアイテム【すまいの話、しませんか】no.4

 

様々なジャンルで活躍する方をゲストに迎えて、“すまい”にまつわるお話を伺うこのシリーズ。

それぞれのライフスタイルの中で、「家に求めるもの」や「大切にしているもの」を深掘りしていきます。

第4回目は、ストレスが多いOL生活のうっぷんを毒気満載のリリックに込めて歌う「カリスマドットコム」さんが登場。

352_2_yoko

ナイトシーンでパワフルに活躍ぶりからは、お家でのんびり……なんて姿はなかなか想像しにくい、MCいつかさん(写真左)とDJゴンチさんの二人に、「お気に入りインテリア」について伺いました。

 

■いつかさんの家は週末ごとに、家族でお父さんの手作りによるカレーパーティー!

003

「リビングが一番好き」という、いつかさんは今も実家暮らし。

自分の部屋では、「作業する」か「夜寝る」かだけで、ずっとリビングで過ごしているといいます。

そして、週末になると兄が子どもを連れて訪ねてきて、父が兄家族分のも含めてカレー作って振舞うのだそう。

「仲がいいんです、うちの家族(笑)」

itsuka-zu

いつかさんの自筆の間取り図。キッチンの左側が玄関

こちらがいつかさんのリビング。

集合住宅の二世帯分をぶちぬいて1つにした物件だから、リビングの脇にキッチンと玄関が2つずつ対称の位置にある不思議な間取りになっているのです。

 

■実家のリビングに住むゴンチさんは、キッチンを自己流にカスタマイズ!

002

ゴンチさんもご実家暮らし。

「もともと二世帯住宅として建てた家なんです。その後、祖父母が引っ越したので、ふたりが居たキッチン付きのリビングが、私の部屋になりました」

広くてキッチンまであるけれど、ここでは料理はせず、シンク下のスペースには洋服と小物が収まっているそう。

「シンクで顔を洗ったりとか。キッチンは洗面所代わりに使っています(笑)」

gonti-zu

ゴンチさんの自筆の間取り図。

こちらが、そのリビングとキッチンのある自分の部屋。

とにかく広さはあるものの、収納がないので、ひと工夫凝らしているといいます。

「冷蔵庫と洗濯機があった場所につっぱり棒をつけて、クローゼットみたいにしています(笑)」

 

■家族思いを自認するお二人のお気に入りアイテムとは?

サンディエゴに留学したときに住んだ平屋がすごく印象的だったというゴンチさん。

「天井が高くて、窓も大きくて日差しがたくさん入ってくるんです。将来住む家もゼッタイそんな平屋がいいな! そうそう、天井にファンも付けたい」

そんなゴンチさんのお気入りのインテリアは?

img_1986

母親が作ったという、ゴンチさんの大好きな競走馬をモチーフにつくってもらったちぎり絵。

「ひとり暮らしをするときは、一緒に持っていきます!」というくらい大事にしているとか。

img_1987

こちらも母親作の食器。

家の食器は全部、陶芸をやっている母親の作品なのだとか!

 

いつかさんは、ひとり暮らしよりも実家の方がいいと言います。

「いつか家族が一緒に住める家を建てたい。特に家具好きのお父さんが思う存分に家具を買えるくらいの広い家がいいですね」

そんないつかさんのお気に入りは?

%e6%a4%85%e5%ad%90

音楽制作用と化粧&書き物用の2つの机を、座ったまま移動できるキャスター付き椅子。

とにかくシャーッと移動ができて、楽チンなのだとか。

%e3%83%9e%e3%82%b0%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97

ゴンチさんとお揃いのマグ。

「ゴンチのおばちゃんがつくってくれたんです。うちらのロゴまで入れて!(笑)」

本当に家族思いがよく伝わるカリスマドットコムさんなのでした。

 

【11/22リリース 配信&ライブ会場&WMD限定EP「unPOP」】

■配信
<配信収録内容>
01.unPOP
02.999
03.もや燃やして
04.恨み積もって山となる
05.SEMI SWEET(iTunes限定配信)

cc_unpop_fix■CD
<ライブ会場/WMD限定CD収録内容>
01.unPOP
02.999
03.もや燃やして
04.恨み積もって山となる

 

※ 詳細はオフィシャルホームページ

 

【すまいの話、しませんか】

no.1 小倉優子さんの自宅に潜入!こだわりの「インテリアアイテム」とは?

no.2 スウェーデン生まれのLiLiCoさんが見つけた、家のこだわりとは?

no.3 フランスで1番有名な日本人デュオ「レ・ロマネスク」TOBIさんこだわりのインテリアアイテムは?

 

%e3%81%8c%e3%82%81%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0

音楽への意気込み、迷い、お互いへのグチ(!?)までも率直に語った一冊。

『がめつくスロトング~毒舌OLラッパー、世間をぶった斬る!』

扶桑社刊  本体1,500円+税