帰省の頻度は?手みやげの値段は?やっぱり気を遣う”義実家への帰省”妻たちのホンネとは?

 tarousite / PIXTA(ピクスタ)

tarousite / PIXTA(ピクスタ)

年末年始が近づくと、そろそろ帰省シーズンを意識しますよね。

自分の実家への帰省は気を遣うことも少ないものですが、義実家への訪問で、妻たちは”客”ではありません。

手伝いをするなど気を利かせないといけない、座っていてはいけないという気がするし、立ち振る舞いや、手土産など気を遣うもの。

そんな義実家への帰省、妻達はどう感じているのでしょうか?

 

■義実家への訪問を楽しみにしている妻は1割以下?!

「株式会社ほけんの時間」は既婚女性を対象に「夫の実家への訪問」にまつわるアンケートを実施。

義実家を訪ねるときの本音をズバリ質問してみると・・・

23

”行くのは苦ではない”半数以上を占める結果となりました。

しかし、グラフをよーく見てみると、”積極的に行きたい”という回答が1割以下

また、、”できれば行きたくない”32.3%”絶対行きたくない”4.9%。

積極的に行きたいわけではないが、行かなくてもよいならば行きたくない、というのが妻たちの胸の内といったところでしょう。

22

帰省の頻度は、”半年に1回程度”がトップで、お正月やGW、お盆などのまとまった休みに帰省する人が多いよう。

続いて”1ヶ月に1~2回程度”と、比較的頻繁に義実家を訪問している人が4人にひとりの割合となりました。

 

■気になる義実家への手みやげ事情

24

義実家を訪ねるとき、手土産は持っていきますか?との質問に対し、

”毎回必ず持参する”がトップとなりました。

”持って行かない”という回答が15%にのぼりましたが、

近隣に義実家がある場合は訪問頻度も高いために、手土産はわざわざ持参しないという方もいますよね。

 freeangle / PIXTA(ピクスタ)

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

手土産を以って行かないと回答した中には、

「義両親の食の好みがわからないので、何を用意すればいいかわからない」

「何を持って行っても喜ばれないのでやめた」 というコメントも。

手土産の金額の「相場」はグラフを見ると1,000円~3,000円と答えた割合が多いようですが・・・

ところで、義実家が”もらいたい手土産”について考えたこと、ありますか?

 

■和菓子より洋菓子!舅はやっぱりお酒がうれしい

12「株式会社ぐるなび」が運営する、秘書のためのサポートサイト「こちら秘書室」が、帰省の手土産の実態を調査。

もらったら嬉しい手土産1位は姑・舅とも”ケーキ”1位

舅は”日本酒”・”肉・加工食品”が上位となりました。

11さらに、手土産で気遣ってくれたら嬉しいと感じる項目に

”購入場所がかぎられている・地域の名産品・季節にあったもの”の他に、”添える言葉”が挙がりました。

お手紙を添えてみたり、感謝の気持ちを伝えてみたり。

「子供の配偶者から、初めて”お父さん、どうぞ”と言われながら渡されたとき嬉しかった」

などとあるように、ちょっとしたひとことでも喜んでもらえるようです。

pixta_18408881_m

いかがでしたか?

うんうん、とつい頷いてしまった方多いのではないでしょうか?

筆者の義実家は遠方にあり、帰省の際は必ず”泊まり”となるため、お風呂をお借りする際などはやはり気を遣います。
しかし、迎え入れる側は、気を遣うではなく”思いやり”の気持ちで迎え入れてくれるため、毎回感謝の気持ちでいっぱいになります。
義実家への帰省はお互いが、”いい意味”で気を遣うもの。
自分の実家とは別に、”お帰り”と言ってもらえる場所があるって実はとっても幸せな事なんです。
今年は手土産に”添える言葉”を準備して、帰省されてみてはいかがでしょうか。

夫の実家に「ぜひ行きたい!」派は…1割以下?義実家への訪問にまつわる、妻たちの本音【家計の時間調べ】

和菓子より洋菓子、舅の満足度アップには肉・加工品、酒も姑舅がもらいたい『帰省の手土産』調査レポート