建築家ってどうやって知り合うの?建築家で家を建てた人に聞いてきました

 

いつかは考えたい、「家を建てる」ということ。

ひとくちに「家を建てる」と言っても、ハウスメーカーや工務店など、依頼するところは様々です。

そんな中でも、今Sumai編集部が気になっているのは、“建築家にお願いする”ということ。

オシャレで、自分らしくて、カッコイイ……そんなイメージのある“建築家”。

でも、建築家の友達なんて、そうそう居ませんよね?

みんな、どうやって探しているんでしょうか。

そこで古民家をリノベしたOさん宅を訪れ、建築家の探し方を伺ってきました。

 

■築100年超の古民家に一目惚れ! だけど、どこにデザインをお願いする…?

22e28417aecb14d6f492cb7d59e36973

この趣のある風格!

なんと、築100年超というから驚き。

もともと関西でマンションにお住まいだった、Oさん夫婦。

年齢を重ねるにつれて、「自分たちらしく暮らしたい」「もっとゆっくりした時間を過ごしたい」という気持ちが大きくなり、奥様の実家のある石川県で家探しを始めたそう。

もともと、「中古物件のリノベーション」に固執していたわけではなく、「新築」と「中古物件」両方を並行して検討を進めていたところ……。

金沢の街なかに「改修すると面白そうだなぁ」と思える、ちょうどよい広さと価格の中古物件が!

山小屋のような家や平屋の建物に興味を持っていたというOさん夫婦は、この物件に一目惚れ。

この物件をリノベーションする方向で話を進めることにしたのだそうです。

 

■言葉に出来ないニュアンスだから…「好みが一緒」の建築家に!

とはいえ、“純和風”といった雰囲気の、この物件。

「スタイリッシュ過ぎない、素朴な味わいのある建物が好き」

「和風の良さを残しながら、洋風の雰囲気も持つ家にしたい」

こんな、曖昧の要望に答えたのが、建築家の稲澤理代さん。

Print

しかし、どうして彼女に決めたのでしょうか?

「キッチンの使い勝手を良くしたくって、女性だときっと同じ目線でデザインしてくれると思ったんです。

事務所に置いてある雑誌の好みも一緒で。

築100年以上のぼろぼろの民家がどう変わるのか、改修後を想像できなかったので、好みが似ている稲澤さんなら大丈夫と、ほぼ“お任せ”しちゃいました(笑)」

 

■和と洋が絶妙なバランスでミックスされた、自宅兼カフェに変身!

そうして出来たのが、こちらのご自宅!

ボロボロだった畳間は、リビング・ダイニングへ。床の間は薪ストーブスペースへと変貌しました。

「築100年以上の民家ですから、やっぱり冬は寒いですよ(笑)。

でも、寝室とトイレ・洗面室・脱衣所は、断熱処理をしていただいたので快適ですし、薪ストーブを見ていると、とっても落ち着くんです。」

3ヶ月後には、住宅の一部を、カフェ&BARとしてOPEN。

この和洋合わせ持った、独特の雰囲気にほっこりとされるお客様も多いそう。

夫婦がお気に入りだと口を揃えるのは、縁側。

「雨風の音などはあまり気にならず、静かに過ごせるんです。」

「心落ち着く、和の“低さ”がとても気に入っています」と、リノベーションした我が家に大満足のよう。

 

■どうやって、お気に入りの建築家を探したの?

こんなステキな建築家を、どうやって探したのでしょうか? もともとお友達だったとか?

o-m9_diy780px

「いえいえ! 妻の実家とはいえ、石川県は“見知らぬ”土地。どうやって、自分らしい家をお願いできるところを探すかは、迷いました。」

「いろいろ調べているうちにASJにたどり着いたんです。」

「ASJ(アーキテクツ・スタジオ・ジャパン)」は、3,000人近くの建築家が在籍する、建築家専門のネットワークのこと。なんと、日本最大級なんですって!

「ここに会員登録をして、希望に沿う建築家さんを紹介していただきました。その中に稲澤さんの事務所があったんです。」

 

■必要事項+アンケートに答えるだけ!会員登録したらどんなことができるの?

そこで、詳しくASJのことを調べてみると、4つのことがわかりました。

 

(1)会員登録をすると、毎月無料で月刊情報誌『A-Style monthly』や作品集が届くこと(バックナンバーも会員専用ページにて閲覧・印刷OK)。

(2)スタジオライブラリーにある専門誌を無料で借りられること。

(3)「作品展と建築家による無料相談会」「完成見学会」「建築家による特別セミナー」などのイベントを優先的に案内・参加できること。

(4)要望に合う建築家を最大2名まで紹介してもらえ、期間回数の制限なく、プランの提案を受けられること。

 

3,000人近くもいる建築家の中から、「この人!」と思える人に出会える仕組みがたくさんあるというわけなのですね。

 

・建築家にお願いしたいけど、誰に頼んでいいかわからない人

・まだ決定かどうか分からないから、個人で探してお願いするのには気が引ける人

・どんな建築家がいいのかもわかってない人

 

こんな人には、オススメかもしれませんね。

今すぐ建築家を探したい方はもちろん、いつかは……と考えている人も、とりあえず情報誌を求めて登録してみてはいかがですか?

 

asj

 

この他にも、建築家が建てたステキな家がいっぱい!

 


Sponsored by ASJ

※ 薪ストーブ横の障子は撮影のため一時的に設置。薪ストーブ使用時には、法令順守のため取り外していただいています。

※ この記事は、ASJ内のインタビューを元に再構築されたものです。