賃貸OK!どんなに狭いスペースにも収納棚が作れる、超優秀なDIYアイテム「ポリアジャスター」

 

pixta_1509353_m

IYO / PIXTA

何もない壁に収納を付けたい……と思った事はありませんか?

我が家のキッチンのタイル部分(前回塗料の記事にてUPしています)ですが、キッチンツールなどをかける棚などなく、収納するには棚を置くしか方法がありませんでした。

そこで、ホームセンターのある「金物」を使い、キッチンツールを見せる収納として設置する事に!

今回はその“ある金物”をご紹介したいと思います。

 

■取り付け方も簡単で安価。ネジタイプの「ポリアジャスター」を使って棚を作る!

img_4660

今回使用する金物はこれ!

「ポリアジャスター」というネジタイプのアジャスターになります。

これをどうやって使うかというと……、今流行りの「ラブリコ」ってご存知ですか?

大人気のDIY商品で、このパーツを使って突っ張る感じで棚を作れたりする商品です。

でもこのアイテム、ツーバイフォー木材でしか使えないんです。

広いスペースには最適なんですが、狭いキッチンには少々木材が大きすぎ、圧迫感がでてしまいます。

そこで活用するのが、最初にご紹介したアジャスターの金物です!

では、その使用方法をご紹介します。

 

■どんな木材にも適用できる超有能なアジャスター!

ホームセンターの資材コーナーで売っているこの小さいサイズの木材、ツーバイフォーよりもさらに小さい木材。

この大きさの木材なら、圧迫感も出ず棚が作れます。

まず木材に十字を鉛筆で書き、木材の中心をドリルを使いネジが入るように穴を開けていきます。

 

img_4658

次に、上の写真の右にある金具を先ほどの十字の中心に穴を開けた木材に、三方付属のビスを打ち込んでいきます。

これで作業はこれで終わり。

あとはネジを回し入れ、突っ張るように天井と固定するだけで完成です!

ここで注意してほしい事は、天井まで突っ張る木材の長さが重要なポイントだということ。

長すぎるとアジャスターを付けると入らなくなり、短すぎるとアジャスターを最大まで伸ばしても長さが足らなくなってしまいます。

微妙な長さが大切なので気を付けてください。

上の写真でわかると思いますが、キッチンの奥行が狭くここでツーバイフォーを使うと圧迫感が半端ないんです!

でも小さめの木材なら邪魔にもならず、木材を突っ張らせて、キッチンツールを設置できる棚が完成しました。

間にある木材はこのように、はめ込んで固定させています。

木材を白に塗りキッチンツールを設置する棚が完成しました。

 

■手軽にできる8つの工程で、知人宅のキッチンにも棚を作る!

これと同じ工程で、知人宅のキッチンにも棚を作ってみたのでご覧ください。

工程は以下の通りです。

  1. 何も置く事ができなかったキッチンコーナーに
  2. 材料はツーバイフォーよりもさらに小さい木材を使用
  3. 真ん中に穴を開け
  4. アジャスターを取付る

   5.キッチンペーパーを取り付ける為に木材を穴を開け

   6.丸棒をはめ込んで木材をアジャスターで突っ張りながら固定

   7.S字フックを使いキッチンペーパーを吊るし

   8.完成

 

とても簡単にできると思いませんか?

 

■これで壁に穴を開けずにすみました! ついに収納棚が完成

ツーバイフォーの木材なら、キッチンの小スペースには分厚く邪魔になったはず!

そこで使用した今回ご紹介した「ポリアジャスターNE」金具。

これならどんな狭いスペースでも木材が邪魔にならず棚が取付可能になります。

 

価格も1セット150円程度とローコスト!

棚を作りたいけどスペースが狭い……、ツーバイフォーの木材よりも小さい木材を使いたい……。

そんな方は、ぜひポリアジャスターNEを参考にしてみて下さいね。

 

次回は、この突っ張りにした木材にある物を使ってキッチンツールをお洒落に見せる収納をご紹介致します!