オシャレな人の新定番アイテム!「ウィービングタペストリー」って知ってる?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「モビール」や「ヒンメリ」、「エアープランツ」など、”吊るす系”のインテリアアイテムは大人気ですよね。

天井や壁をうまく利用できるし、小ぶりでもお部屋をオシャレに見せてくれるなんてとっても優秀!

そんな”吊るす系”インテリアアイテムの中でもオシャレな人の間で話題沸騰中のアイテム「ウィービングタペストリー」をご存知ですか?

 

■海外で人気!クリスマスシーズンの飾りとしても◎

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オーストラリアや英国で人気の「ウィービングタペストリー」。

”weaving(ウィービング)”は英語で「織物」という意味。

毛糸で編みこまれた上段はボリューム感たっぷりで冬のインテリアアイテムにピッタリ!

下に垂れるフリンジも今っぽくてオシャレですよね。

玄関スペースなどの壁面に飾ったり、何個か並べてみたりしても素敵。

クリスマスシーズンのこの季節に、こちらを飾るとお部屋のクリスマス感をグッとアップさせることができちゃいますよ。

 

■手作りも可能なオシャレアイテム。アレンジも自由自在!

オシャレだけど、甘めな雰囲気になりすぎず、”オトナな可愛さ”を演出してくれる「ウィービングタペストリー」。

実は、こちら手作りできちゃうんです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回、「ウィービングタペストリー」のワークショップに参加した筆者。

手が込んでいて難しそうに見えるのですが、なんと作り方は驚くほどシンプルでした!

好きな色の毛糸と、タコ糸、ダンボール、ヘアピン、とじ針、ハサミという身近にある材料で制作が可能。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダンボールにタコ糸を張り、好みの毛糸のフリンジを付け、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下段から編み上げていくというシンプルな工程。

編み方も、タコ糸を上下にくぐらせていくだけなので、

不器用な筆者でも3時間ちょっとで完成させることができました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ワークショップの先生に「ウィービングタペストリー」のおススメコメントを頂きました。

”身近にあるもので作れるというのが、魅力的。

100円ショップ等で色々な種類の毛糸が手に入るので、

どんな配色にするかなど、イメージを膨らませるのも楽しみのひとつ!

壁にひとつ飾るだけで、お部屋に温かみが生まれ、素敵な雰囲気になるのでおススメです!”

 

私が今回作ったものは、スタンダードなものですが、

完成品にポンポンや、ビーズ、リボンなどで装飾してもとっても可愛いんです。

材料費がそれほどかからず、コツをつかめば効率よく作ることができるので、1個完成させると何個も作りたくなります!

お友達へのプレゼントとしてもおススメですよ。

 

いかがでしたか?

某セレクトショップではこちらと同じようなタペストリーが手作りする場合の制作費の10倍以上のお値段で販売されているのを見かけましたが、自分で作ると断然お得ですし、好きな配色で作れるので満足度が高いんです。

 

こちらの作り方であれば、コースター作りなどの応用も可能。

今年のクリスマス飾りに、是非手作りに挑戦されてみてはいかがでしょうか?