あつ~い夏は酵素ジュースでのりきろう!そのつくり方をご紹介

imasia_16623847_M

夏になると、シュワシュワしたものを飲みたくなりますよね。

「ソーダ」に「ビール」に「サワー」に……。

だけど、せっかく飲むなら、ちょっと違った“シュワシュワ”を飲んでみませんか?

 

■最近はやりの「酵素」って?

最近「酵素」という言葉をよく聞きませんか?

人間の体には必要不可欠な「酵素」。消化吸収や、体に栄養を行き渡らせることなどにも力を発揮したり、代謝や排泄にまでに必要とされる力がこの“酵素”の力です。

最近では、サプリメントや栄養ドリンクなど、様々な“酵素”アイテムが発売されていますが、意外と高いなぁとお財布と相談することも多いもの。

そんな時は、やっぱり自分で作るのが1番! 手作りで作ると愛着も湧いてきます。

今回は、大葉とトマトを使った「酵素ジュース」の簡単なレシピを紹介しましょう。

 

■「酵素ジュース」の作りかた

お好きな野菜や果物でもできるのですが、今回は、筆者の畑で取れたミニトマトと大葉で酵素ジュースを作ってみましょう。

筆者の畑で取れた大葉

(材料)※ 割合は野菜1に対して上白糖1.1を目安に

  • 大葉
  • ミニトマト
  • 上砂糖

カバン 005 (850x1280)

煮沸し乾燥させた瓶に、野菜や果物を入れて、上から上白糖を入れて素手でかき混ぜます。

ぬか漬けのように、毎日愛情を注いで、かき混ぜましょう。

003 (850x1280)

数日すると、泡が立ってきます。これぞ“酵素”!

しかし、湿度も多いこの時期。ちょっと油断をすると、カビが発生したりすることも。怪しい匂いが出てきたらそれは残念ながら失敗かも……。

こまめにかき混ぜて、カビや腐りを防止してくださいね。

014 (850x1280)

大体2週間~1ヶ月で完成です。後はザルでこして、小さな小瓶に移し替えてくださいね。

 

酵素は生の食材に多く含まれますが、火を通すと活性力がなくなってしまいます。フレッシュなフルーツなどはOKですが、缶詰のフルーツなどは酵素が含まれていませんので、注意してくださいね。

「リンゴ+生姜」「ミント+ベリー」などの組み合わせも人気。お好きなフルーツやハーブなどの食材を試してみて。

飲むときは、ソーダや豆乳で割ると飲みやすいですよ。夏に美味しい「酵素ジュース」、みなさんもぜひお試しくださいね。