市販よりずっと良い!手作り「アドベントカレンダー」の簡単な作り方

satoko / PIXTA

satoko / PIXTA

クリスマスシーズンになると店頭に並ぶ「アドベントカレンダー」をご存じですか?

12月1日から始まりクリスマスまでの間、毎日小さな扉を開けていくとチョコレートやキャンディーなどが入っている……まさに、子ども達にとって“お楽しみボックス”のような存在です。

クリスマスを待つ楽しみを、より盛り上げてくれるアイテムとして、日本でも段々と馴染みが出てきたアドベントカレンダー。

ですが、市販のアドベントカレンダーはお子様によっては苦手なお菓子が入っていたり、まだチョコレートはあげていない、というご家庭では使いづらい面もあります。

そんなご家庭におすすめの、簡単に出来る手作りアドベントカレンダーをご紹介します。

 

■用意するものは、お菓子と包装紙

20161124hana06

お子様が好きなお菓子を3〜4種類用意します。

筆者宅では大袋に入っている個包装のお菓子を使用しています。

20161124hana05

包装紙はコストコで購入したクリスマス用のラッピング用紙を使っていますが、クラフト紙のようなシンプルな包装紙でも素敵に仕上がります。

マスキングテープで留めるとちょっとしたアクセントになりおすすめです。

20161124hana04

クリスマス目前の12月22日あたりからは、100円ショップで購入した、ちょっと特別なプレゼントを用意しています。

筆者宅は子どもが2人いるので、全て同じものを2個ずつ用意しています。

このように、大きさや個数に制限を受けないところも、手作りアドベントカレンダーの便利なところです。

 

■かごに入れて完成!

20161124hana03

1つずつラッピングをして、日付を書いたらかごに入れて完成です。

12月になると、子ども達は朝起きてすぐにその日の日付のお菓子を探して食べています。

20161124hana01

かごを使うと、お菓子の他にもメモ帳やシールなどのプレゼントも入れることが出来、子どもの人数にあわせてカスタマイズできるところがおすすめですよ。

 

いかがでしたか?

お菓子と包装紙、かごさえあればすぐに出来てしまう簡単アドベントカレンダー。

かごの中からその日のお菓子をガサゴソ探す楽しみがあるようで、子ども達に人気です。

クリスマスをお子様と一緒に楽しみたいなと思っていらっしゃる方は是非おためしくださいね。