かさばる防寒着やマフラーはどうやって収納する?北欧スタイル「玄関の収納術」

かさばる防寒着やマフラーはどうやって収納する?北欧スタイル「玄関の収納術」

eugenesergeev / PIXTA

冬の衣類は夏物に比べてかさ張り、クローゼットがいっぱいになっていませんか?

帰宅後、お子さんがマフラーや手袋をちゃんと片付けてくれない……なんて困っていませんか?

冬の何か月ものあいだ、マイナス気温が続くスウェーデンでは、「悪い天気はない。悪いのは服装だ。」という格言があります。

天候に合わせた服装をすれば、寒い服でも問題なく外で過ごせるという考えです。

実際に、スウェーデンの人々は風邪撃退のために、散歩に出たり、子どもを外で遊ばせたりと、なるべく外に出かけるよう努力をしています。

かさばる防寒着やマフラーはどうやって収納する?北欧スタイル「玄関の収納術」

Graphs / PIXTA

防寒具は充実していて、みな何種類も所有しています。

特に子どもは、汚したり、遊びで酷使したりするので、大人よりも帽子や手袋を多く必要とします。

スウェーデン在住の筆者が、防寒具をすっきりと収納し、お子さんが一人でも身支度できるような、北欧スタイルの玄関をご紹介します。

 

■玄関近くに防寒具を収納!これが機能的なスウェーデンスタイル

かさばる防寒着やマフラーはどうやって収納する?北欧スタイル「玄関の収納術」

スウェーデンの玄関に必ずあるもの、それは、コートと帽子かけです。

ここに普段使いのコートやジャンバーをかけます。

外出から戻ったときに、すぐにコートをここにかけることで、部屋が散らかるのも防げます。

かさばる防寒着やマフラーはどうやって収納する?北欧スタイル「玄関の収納術」

スウェーデンも日本と同じく、玄関で靴を脱ぐ習慣があるので、シューズラックも必ずあります。

このシューズラックも普段使いの靴を置きます。オープンタイプなので、湿気や匂いがこもりません。

コートや靴を置く場所をはっきりさせることで、お子さんも1人で身支度したり、収納したりしやすい玄関になります。

 

■外出の身支度がすべて完結! 玄関付近のクローゼットがあると超便利

玄関付近にあると便利なのが、大きなクローゼット。

時々使うコートやジャケット、マフラーやスカーフなど、外出するときに必要なものをすべて収納します。

かさばる防寒着やマフラーはどうやって収納する?北欧スタイル「玄関の収納術」

冬の間、あまり気温が下がらない地域にお住まいの方は、たんすでも十分です。

こうすることで、外出するときの身支度が、すべて玄関で完結できるのでとっても便利なんです。

外出から戻ったら、マフラー、手袋などの小物類もさっとしまえます。

お子さんの手袋や帽子は、ざっくり収納で、取り出しやすく。

玄関近くに小物の収納場所があることで、お子さんも片づけやすくなります。

筆者は、息子の自転車のヘルメット、鍵もこのクローゼットに収納しています。

 

■服だけじゃない!外用のおもちゃもまとめてここに

かさばる防寒着やマフラーはどうやって収納する?北欧スタイル「玄関の収納術」

たっぷり収納できるクローゼットですから、スポーツ用品や、よく使う子どもの外用のおもちゃもここにまとめると便利です。

ボールやチョークなどは外に置いておきたくないので、室内で保管します。

クローゼットはドアを閉めれば、すっきりとするので、たっぷり収納してもごちゃごちゃしません。

 

身支度が一か所でできて、外出から帰っても、部屋がちらからないスウェーデンスタイルの玄関、おすすめですよ。