掃除はもちろん洗濯や入浴にも使えて万能!「セスキ炭酸ソーダ」

 

Ushico / PIXTA(ピクスタ)

Ushico / PIXTA(ピクスタ)

大掃除はもちろん、ふだんのお掃除にも重宝するのが「セスキ炭酸ソーダ」。

油汚れ、皮脂汚れを落とすだけでなく、洗濯や入浴にも使えます。

 

■手垢などの皮脂汚れもキレイに

セスキ炭酸ソーダは、皮脂汚れ、たんぱく質汚れも良く落としてくれます。

裸足で歩くフローリングの床や、ドアノブやスイッチなど手垢がついた場所、バスタブなどのお掃除にもぴったり。

 

img_0954

床やドアノブは、セスキ炭酸ソーダ水をスプレーして、水拭きを。

img_0949

バスタブは、セスキ炭酸ソーダ水をスプレーして、スポンジでこすればOK。

 

img_0950

 

手垢がつきやすいパソコンのキーボードは、セスキ炭酸ソーダ水をスプレーした布で拭き取り、水拭きをします。

 

■洗濯洗剤としても使え、血液汚れにも効果的

baloon.pw / PIXTA(ピクスタ)

baloon.pw / PIXTA(ピクスタ)

「セスキ炭酸ソーダ」は、洗濯用洗剤としても使えます。

洗濯機に洗濯物を入れ、水30Lに対してセスキ炭酸ソーダ大さじ1程度が目安。

水に溶けやすいので、すすぎは1回で大丈夫です。

柔軟剤の代わりとしては、すすぎの際にクエン酸を入れると、仕上がりがふんわりします。

また、血液汚れも落としてくれるので、セスキ炭酸ソーダ水に布ナプキンの浸けおきするのもオススメです。

img_0951

シャツの襟・袖など、汚れがひどい場所は、セスキ炭酸ソーダ水をスプレーしてしばらく放置し、軽くこすってから洗濯します。

 

ほかにも入浴剤として使う方法も。湯船に大さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを混ぜるとお湯がやわらかくなり、体が温まりやすくなります。

マルチに活躍するセスキ炭酸ソーダですが、以下の素材は変色の可能性があり、使えないので注意しましょう。

・アルミ製品
・畳
・白木
・繊維素材のカーペット など

セスキ炭酸ソーダなどのアルカリ性の洗剤は、水垢などのアルカリ性の汚れにも効果はありません。

また、肌が弱い方は、手荒れを防ぐため、手袋をして掃除するようにしてください。

セスキ炭酸ソーダは「アルカリウォッシュ」という名前で販売されていることも。

スーパーはもちろん、100円ショップでも購入できるので、まずは少量からお試しで始めてみるのはいかがでしょうか。