「世界一、美味しいご飯」!? バーミキュラが作った炊飯器【Editor’s セレクション】

 

暮らしを豊かにするために欠かせないのが、インテリアや愛すべき雑貨たち。

このシリーズでは「Editor’s セレクション」と称して、曜日毎に違ったテーマで、編集部がグッと来たアイテムやブランドなどをご紹介していきます。

水曜日は【キッチン編】!

今回は、「世界一、美味しいご飯」を目指したという、バーミキュラの炊飯器をご紹介します。

 

■あの「バーミキュラ」が、炊飯器を作った!?

sub6

バーミキュラといえば、ホーロー鍋で有名なブランドですよね。

ずっしりとした鍋は、無水料理や煮物料理にもピッタリ。愛用者も多いのではないでしょうか?

そんな、バーミキュラに炊飯器が登場したというのです。

main

それがこちら、「バーミキュラ ライスポット(VERMICULAR RICEPOT)」。

「世界一、おいしいお米が炊ける炊飯器」を目指し、火加減調整の煩わしさをワンタッチで解決しつつ、鍋炊きのおいしさをそのまま実現したそう。

「鍋炊きご飯のおいしさの追及」を第一に考えた結果、あえて保温機能は排除するという“こだわり”ようです。

 

■炊飯だけじゃなく、調理ツールとしても!

sub2

モードは「炊飯モード」「調理モード」の2種類。

「炊飯モード」では、おかゆやおこげ、そして玄米などにも対応して炊き分けができます。

「調理モード」では、4つの火加減調整機能で、無水調理、ロースト、煮物、蒸し物、低温調理などにも対応できます。

炊飯器としてだけでなく、バーミキュラのホーロー鍋本来の使い方もできるのはとても嬉しいですよね。

sub11

同封されているレシピブックには、「バーミキュラ ライスポット」の魅力を最大限活かしたレシピが100品紹介。食卓メニューのレパートリーも増えそうです。

 

バーミキュラが「世界一、美味しいご飯を」と開発した「バーミキュラ ライスポット」。

ぜひチェックしてみてはいかがですか?

 

【参考】

「世界一、おいしいご飯」を目指し、鋳物ホーロー鍋が進化 “究極の炊飯器”「バーミキュラ ライスポット」 開発期間3年を経て2016年12月1日から新発売! – 愛知ドビー株式会社