賃貸でもOK!壁に画びょうをさしても目立たず“ほぼ元通り”に戻せる意外な方法とは?

Macrovector / PIXTA(ピクスタ)

Macrovector / PIXTA

壁のインテリアは空間の印象を大きく左右します。

フレームにこだわったり、どんな写真やアートを飾ろうかな?とあれこれ考えるのも楽しいですよね。

でも、うちは賃貸だから……と躊躇してしまいませんか?

日本の住宅の壁仕上げは、ほとんどがビニルクロス。

賃貸住宅で、ビニルクロスに傷をつけてしまった場合、退去時に修繕費を請求される場合もあるからです。

でも簡単なひと工夫で、ビニルクロスを傷つけずに復旧する方法をご紹介します。

 

■「クロスの上から画びょう」→穴をふさぐよりもっと簡単に、目立たず元通りにするには?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ビニルクロスの上から画びょうを使うと、写真のように穴があいてしまいますね。

この穴を補修、目立たないようにする方法は、インターネットでもたくさん紹介されています。

でも、穴をあける前のひと工夫でもっと簡単に、しかも早く、目立たずに復旧できるんです。

 

■準備するものはカッターと定規だけでOK

準備するものはカッターと定規だけ。

手順は以下の通りです。

(1)画びょうをさしたい場所のビニルクロスに、カッターでL字型の切り込みを入れるOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

(2)切れ込みを入れた角から、ゆっくりビニルクロスをめくって下地ボードを露出させるOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

(3)下地ボードに画びょうをさすOLYMPUS DIGITAL CAMERA
たったこれだけでOKです。

 

■復旧する時は木工用ボンドで貼るだけ。復旧跡も目立ちにくい

復旧する時は、木工用ボンドでビニルクロスを貼るだけです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この方法だと、ビニルクロスを傷つけないので、復旧跡が目立ちません。

日本の住宅では、傷や汚れが目立たないように、凹凸が大きいビニルクロスが好まれて使われます。

このタイプのビニルクロスだと、定規を当ててカッターで付けた切り込み跡だとほぼ見えません。

 

■クロスをめくって画びょうをさすメリット4つ

 monzenmachi / PIXTA(ピクスタ)

monzenmachi / PIXTA

 

今回ご紹介した方法には、以下の4つのメリットがあります。

  1. 復旧が簡単
  2. お金が掛からない
  3. 跡がほとんど分からない
  4. ボードに画びょうをさし込めるので、強度が期待できる

 

いかがでしたか?

ビニルクロスを傷つけてしまうから……と我慢せず、壁のインテリアを楽しんでみてくださいね。